SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2022 Spring レポート(PR)

小売の成長に自社アプリが必要な理由とは コロナ禍で成長した企業の事例から探る顧客交流の新たな形

アパレル・雑貨 タッチポイント強化に成功したYappli活用事例を紹介

 続いて、神田氏は「Yappli」導入事例を5つ紹介した。

1. アンダーアーマー公式アプリ

クリックすると拡大します

 アンダーアーマーは「タッチポイントの強化」と「会員証のデジタル化」を実現するために、Yappliの活用を選択。スマートフォンを肌身離さず持つ顧客の多さに目を向け、「ポイントカードを忘れてしまってポイントが付与できない」「ポイントカードを紛失してしまった」といったように、顧客にとって損となる事態を回避することが可能となった。

 加えて、アンダーアーマーでは公式アプリをダウンロードした直後に特典クーポンがされる仕様となっていると神田氏は説明する。

「ダウンロード直後のクーポン配布は、店頭スタッフが接客訴求する際にアピールポイントとして作用します。また、顧客も『すぐに利用できる』というメリットがあるため、ダウンロードをうながす上では効果的な施策と言えます」(神田氏)

 同ブランドでは、ダウンロード以降もブランドのストーリーを伝えたり、顧客が登録した属性に応じた商品紹介やショップブログ更新のお知らせを通知したりといった方法で継続的に接点を創出。ブランドに親しみを持ってもらえるような工夫を施している。

 その結果、アンダーアーマーでは公式アプリ経由でのEC流入数がウェブ・SNS経由の9倍を記録。メルマガと比較した購入回数は1.2倍、顧客単価は1.45倍と着実に自社アプリの効果を発揮している。

2. AZUL BY MOUSSY公式アプリ

クリックすると拡大します

 AZUL BY MOUSSYは、「実店舗とECの相互送客を活性化したい、情報発信を一元化したいという考えで自社アプリの導入を決断した」と神田氏は解説。自社アプリから行うプッシュ通知の開封率はおよそ40%を記録していると言う。

「メルマガを運用されている方であれば、この数字が驚異的なものであるとご理解いただけるのではないでしょうか。Yappliでは、開封してもらうための工夫や改善も管理画面から容易に行うことができるため、高い成果に結びついていると考えています」(神田氏)

3. SAC'S BAR(サックスバー)公式アプリ

クリックすると拡大します

 バッグ・スーツケース・財布などを扱うSAC'S BARは、オムニチャネル化と顧客とのつながり強化を目的に公式アプリを導入した。コンテンツの提供はもちろんながら、実店舗・EC共通のポイントプログラムを整備することでアプリをハブとして活用。「STAFF START」との機能連携を活用することで、オンラインの集客向上にもつなげた結果、ユーザー数120%を達成している。

次のページ
単品通販では顧客単価増 食品業界でも活用できる自社アプリ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzine Day 2022 Spring レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

奥野 大児(オクノ ダイジ)

1971年生まれのライター・ブロガー。20年ほど企業内でデータベースエンジニアや社内SEを経験してからフリーに。 執筆ジャンルは、IT・ガジェット・歴史・ドラマ・グルメ・将棋・旅など。ブロガーを活用したPR施策も受け付けています。●Blog:https://www.odaiji.com/blog/ Tw...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11211 2022/04/07 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング