SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2022 Spring レポート(PR)

小売の成長に自社アプリが必要な理由とは コロナ禍で成長した企業の事例から探る顧客交流の新たな形

単品通販では顧客単価増 食品業界でも活用できる自社アプリ

4. DERMED(デルメッド)公式アプリ

クリックすると拡大します

 福岡で化粧品の単品通販を行うDERMEDでは、顧客の商品購入を容易にするために自社アプリの開発を検討していたが、開発負担を軽減すべくYappli導入を決定。神田氏は「メイン顧客層が50代であったため、スマートフォンアプリ利用に不慣れな方もいると考え、まずはダウンロードするメリットを訴求するところから始めた」と同社の施策を説明する。

 同社は限定の美容コラムを発信するなどコンテンツ強化に注力した結果、公式アプリ経由のリピート率を70%にすることに成功。購入単価も10%以上向上していると言う。

5. ピエトロ公式アプリ

クリックすると拡大します

 ドレッシングやパスタソースなどの調味料を製造・販売するピエトロでは、「アプリを点在する顧客接点のハブにしたい」「ECを強化したい」「ピエトロのファンに使ってほしい」という思いから、公式アプリの展開を開始。2021年4月に公式アプリをリリースし、2022年1月からは実店舗・EC共通のポイントサービスを始めている。

外部システム連携、ユーザー単位の顧客分析、CRMも容易にする「Yappli」

 こうした自社アプリの開発を容易にするアプリプラットフォーム「Yappli」は、クラウド型・ノーコードでアプリ開発ができ、さまざまな運用・施策展開ができる点が特徴と言える。

「多彩な機能から自社に必要なものを選択し、スピーディーにアプリローンチが可能です。年間200以上の製品アップデートを行っているため、常に最新の仕組みを活用できるほか、支払いもサブスクリプション形式となるため、大きな初期コストがかかるといった心配もありません。

 『Yappli』では、現在API接続による外部システムとの連携に力を入れています。また、Yappli内に蓄積したデータの活用を推進するため、アプリ内の行動データや属性データをユーザー単位で分析できる機能『Yappli Data Hub』の提供も行っています。すでに皆様がお使いになっているサービスとアプリをつなげることで、より高度な施策ができるようになっています」(神田氏)

クリックすると拡大します

 すでに同機能を活用している三陽商会では、「購入単価27%増、購入回数17%増、セッション回数16%増という結果が出ている」と語る神田氏。ヤプリは、ユーザー単位で分析したデータからより効果的なCRM施策につなげるべく、2021年10月にはノーコードの顧客管理システム「Yappli CRM」をリリースしている。最後に神田氏は同社のサポート体制について言及し、セッションを締めくくった。

「『Yappli CRM』で施策を実施する際の設定はノーコードで可能です。また、CRMの考えかたについてのトレーニングや勉強会も定期的に実施しています。専門チームが伴走しながらサポートしますので、ご安心ください」(神田氏)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzine Day 2022 Spring レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

奥野 大児(オクノ ダイジ)

1971年生まれのライター・ブロガー。20年ほど企業内でデータベースエンジニアや社内SEを経験してからフリーに。 執筆ジャンルは、IT・ガジェット・歴史・ドラマ・グルメ・将棋・旅など。ブロガーを活用したPR施策も受け付けています。●Blog:https://www.odaiji.com/blog/ Tw...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11211 2022/04/07 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング