SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2022 Spring レポート

キーワードはアナログ×デジタルの相互補完 ヤマト インターナショナルが取り組むDCXとは

 生活者の誰もがスマートフォンを持ち、企業・ブランドといつでも双方向につながることができる現代。オンラインとオフラインで一貫性のある快適な顧客体験を実現すべく、各社が取り組んでいるのがOMO施策である。2022年3月17日に開催された「ECzine Day 2022 Spring」にて、ヤマト インターナショナル株式会社 マーケティングコミュニケーション部長 長尾享諭氏が登壇。全国で約900店舗を展開するアパレル「クロコダイル」とD2Cブランド「CITERA」で行うデジタル活用と顧客交流について語った。

顧客のアクションのハードルを下げたクロコダイルのDCX戦略

 1947年設立のアパレルメーカーであるヤマト インターナショナル。1963年にスタートした基幹ブランドのクロコダイルは60代前後の男女をターゲットとし、企画・製造・物流・販売までワンストップで行うSPAブランドだ。

 同ブランドは現在、GMS(総合スーパー)、SC(ショッピングセンター)、アウトレット、卸、ライセンスにて全国897店舗を展開しながら、直営ECの会員化、CRMに注力している。全国の店頭網を活かしながら、LINE公式アカウントやメルマガで顧客を集め、有効会員数は50万人を突破。2020年6月以降はショップスタンプカードを実装したスマートフォンアプリも導入し、顧客のLTV向上にも取り組んでいる。

 注目すべきは、シニア世代をターゲットとしたアパレルブランドで、アプリ会員数が大きく伸長している点だ。わずか1年半で20万人増を実現した背景について、長尾氏は次のように語る。

「スマートフォンアプリをリリースする5年前から、LINE公式アカウントの運用を始めました。まずはお客様が日頃から使っている、身近でハードルの低いコミュニケーションツールを用いてアプローチを実施。スマートフォンアプリにはショップスタンプカードやポイント、クーポンなどの機能を実装し、店頭で販売スタッフがご来店いただいたロイヤルティの高いお客様へ顧客メリットを訴求して会員化した点が、こうした結果につながっているととらえています」(長尾氏)

ヤマト インターナショナル株式会社 マーケティングコミュニケーション部長 長尾享諭氏

 こうしたデジタル活用はハードルが高いと感じる顧客向けに、同ブランドでは電話・新聞広告といったレガシーメディアでのアプローチも展開。自社内のCS部門を拡充させ、電話・FAX経由でECの代理注文を受ける仕組みを整えることで、網羅性のある顧客体験を提供している。

「顧客目線の追求。それこそがアクションのハードルを下げ、顧客が望むサービス提供につながると考えています」(長尾氏)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
実践しながら顧客目線を反映 「販売」を押し出しすぎない動画コマースの訴求術

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzine Day 2022 Spring レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

景山 真理(カゲヤマ マリ)

フリーランスのライター。EC店舗、タウン情報誌制作会社、マーケティング支援企業などへの勤務経験を経て、ウェブメディアや雑誌をはじめとする紙媒体のライティングの仕事をしています。専門領域はデジタルマーケティング、コンテンツマーケティング、ECのセールスメルマガ、仕事・働きかた、デジタルトランスフォーメーションです。 ウェブ●Mari Kageyama Writing Works

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11164 2022/04/25 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング