SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2022 Spring レポート(PR)

検索やレビューが企業・ブランドの売上を左右する時代に OMOの第一歩となる店舗でのEC活用を探る

 この数年で消費者の購買行動は多様化し、購入手段としてオンラインとオフラインの区別をとくに意識することなく、目的に応じて活用することが当たり前になってきた。こうした消費者意識・行動の変化に対応する術として期待されているのが、オンラインとオフラインの融合を意味する「OMO(Online Merges with Offline)」だ。2022年3月17日開催の「ECzine Day 2022 Spring」に登壇したZETA株式会社 代表取締役社長 山崎徳之氏が、OMOのファーストステップとなる「店舗におけるEC活用」を中心に解説した。 

Z世代の半数はF1・M1層に 店舗とECの連動で顧客体験はより豊かになる

 社会環境や顧客行動の変化・多様化に対して、ビジネスにもさまざまな変革が求められている。とくに近年、実店舗にとっての重要課題とされているのが、店舗における「DX(デジタルトランスフォーメーション)」および、オンラインとオフラインを融合する「OMO(Online Merges with Offline)」の推進だ。

 なぜ、店舗においてDXやOMOが求められるのか。その理由のひとつに、山崎氏は主要購買層の変化を挙げた。

「デジタルネイティブ/スマホネイティブと言われるZ世代の半数程度は、すでにさまざまな分野でメインの購買層となるF1・M1層の年代(20~34歳)になっています。彼らは生活のあらゆる場面で当然のようにデジタルを活用しており、それは店舗での買い物でも同様です」(山崎氏)

ZETA株式会社 代表取締役社長 山崎徳之氏

 Z世代に限らず、店舗内でスマートフォンを用いて商品情報を調べる顧客は増加傾向にある。かつてはそのような行為に少なからず難色を示す店舗もあったが、それはもはやナンセンスだと山崎氏は指摘する。

「デジタルの活用は、基本的にCX(顧客体験)を向上する上で有効に作用します。顧客が店舗内で商品についてスマートフォン検索をするのは、『買い物で失敗したくない』『納得のいく買い物をしたい』という気持ちがあるからです。店舗を運営する企業・ブランドは、顧客がよりデジタルを活用した買い物がしやすくなるように協力すべきと言えます」(山崎氏)

 その際に懸念となるのが、店舗をショールームとして利用され、最終的に他社のECで購入されてしまうことだ。スマートフォンで商品情報を調べると、行き着く先がECの商品ページであるケースも多い。すぐに持ち帰る必要のない商品や、書籍・音楽・映像ソフトのようにデジタルデータとしても流通している商品などは、たまたま検索結果でヒットしたEC上でそのまま購入ページまで遷移することも十分に考えられる。

 しかし、それでは自社の売上にならず、目の前にいる顧客をみすみす逃してしまうことになる。これを防ぐ方法について、山崎氏はシンプルに「自社が運営するECに誘導すること」と解を明示した。

「たとえ、店舗ではなくECで購入されたとしても、最終的に自社ECの売上となれば、企業・ブランドとして問題はないでしょう。かつては社内の組織的事情などから、店舗とECを対比・対立する存在としてとらえることもありましたが、そのような考えかたはもはや通用しません。

 店舗は『場所』であり、ECは『手段』です。CX向上という目的のために、これからは店舗においてECをツールとしていかに活用するかが重要です。これこそが『店舗でのデジタル活用支援』であり、OMOの取り組みにおけるファーストステップでもあります」(山崎氏)

次のページ
OMOが進むほど重要度を増す商品検索 顧客の期待に応える情報提供を

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECzine Day 2022 Spring レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

萩原 敬生(ハギワラ タカオ)

ライター。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11210 2022/04/14 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング