記事種別

Ascential傘下で展開加速 Amazon広告最適化AIツール「Perpetua」が日本支店開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2021/09/01 11:00

 Amazon広告最適化AIツール「Perpetua(パーペチュア)」などを提供する米国のPerpetuaが、グローバル展開の強化を目的に日本支店 Perpetua Japanを開設した。Perpetua Japanのリーダーには、日本で「Perpetua」を提供してきたシンクリンク代表・的場啓年さんが就任。これにより「Perpetua」のローカライズが進み、日本のEC事業者がより使いやすくなると言う。的場さんを中心に、日本支店開設にかかわるメンバーに話を聞いた。

Perpetuaのポテンシャルを最大限発揮するための日本支店開設

 Amazon広告最適化AIツール「Perpetua(パーペチュア)」。ECzineでは2020年6月に、ACoSが129%から36%に改善した事例とともに紹介した(参考記事)。「Perpetua」の日本での導入が2021年3月時点で200社、今回取材した2021年8月時点では400社に迫っており、同ツールへのニーズの高さがうかがえる。

 日本市場における成長を受け、8月1日に日本支店 Perpetua Japanを開設。Perpetua Japanのリーダーには、日本で「Perpetua」を提供してきたシンクリンク代表の的場啓年さんが就任することになった。日本支店開設について、的場さんはこう語る。

 「おかげさまで、日本市場で『Perpetua』を導入いただいているEC事業者様の数は400社に迫っており、非常に好調です。しかしながら、今まで販売を代理していた立場であるシンクリンクではPerpetuaのナレッジが100%とは言えず、ツールのパフォーマンスを十分に発揮できないケースがあることに歯痒さを感じていました。また、ツールをお渡しするだけでなく、EC事業者様のビジネスをどう伸ばしていくか、その上でAmazon広告をどう活用していくか戦略の部分を一緒に考えていきたいと常々思っていました。そのためには、日本だけで培ったナレッジだけでは十分ではなく、さらなる人員の強化なども必要だと考えました。こうした背景からPerpetuaと話し合いを行い、Perpetuaとシンクリンクが一緒になってやっていくことがEC事業者様の利益であるという結論に至り、日本支店の開設となりました。従来のシンクリンクのスタッフがそのまま、Perpetua Japanに加わる形です」

Perpetua Japan開設にかかわるメンバー

 一方のPerpetuaも、2021年4月にAscential社に買収され、Ascentialグループ傘下となっていた。Ascentialは世界100ヵ国以上を対象に、デジタルコマース、プロダクトデザイン、マーケティング、リテール&フィナンシャルサービスの4つのビジネスユニットによって、デジタルコマースの最適化、マーケティング効果の最大化を支援する企業である。Perpetuaはグローバル展開を推進することを目的に今回のM&Aを行い、7月にはヨーロッパに、8月には日本に進出することになったわけだ。M&Aについて、Ascential、Perpetuaの経営陣はこう述べている。

 「Ascentialは、長年にわたり日本のクライアントにもデータ、インテリジェンス、アナリティクスのサービスを提供してきました。日本におけるクライアントは、ファッション、美容、家電、FMC、マーケティングエージェンシー&ネットワーク、フィンテックなど多岐にわたります。 Ascentialでは、デジタル・コマース・サービスへの投資を拡大しており、その中でPerpetuaは、当社のデジタルコマース・ポートフォリオの中で独立したブランドとなります。大きなデジタル経済を持つ日本は、ますます重要なマーケットとなると考えています」(Dan Cotton/Ascential Asia-PacificのExecutive Vice President)

 「Ascential Edge Retail社の調査によると、日本のデジタルコマース市場(2020年に1,020億米ドル)においてAmazonは28%のトップシェアを占めており、2025年には12%の年平均成長率で1,810億米ドルに達すると予想されています。 日本は、Amazonにとってアメリカに次ぐ世界最大の市場のひとつです。北米での成功を日本でも再現するためには、ワールドクラスのチームを雇用し、お客様に最高の体験を提供するための投資が必要だと考えました。Perpetuaのミッションは、オンラインで販売するすべての人に強力な力を与えることであり、その強力な力をできるだけ多くの日本のEC事業者、ブランド、代理店に与え、競争が激化する環境下でマーケティング費用と販売効率を最適化できるようにしたいと考えています」(Adam Epstein/Perpetua VP of Growth)

 Ascentialグループ傘下となり、グローバル展開を加速するPerpetuaのダイナミックな躍進を、的場さんも肌で感じている。

 「Ascentialグループ傘下になったことで、ビジネスが加速度的に進化しているのを感じます。Perpetuaの開発本拠地であるトロントオフィスでは、週10人のペースで新たなエンジニアが増えているようです。Amazonの研究開発にかける費用と開発スピードは、皆さんがご存じのとおりです。Perpetuaのように北米の、しかもAIの本拠地であるトロントにオフィスをかまえ、密にやりとりを行える立場にあることは、Amazonのテクノロジーの進化をキャッチアップしていくうえで強みになると考えています。たとえばPerpetuaは、Amazon DSPマネージドサービスのAmazon Advertising Preferred Sales Partner(AASP)です。今後は、Perpetua Japanが日本の大規模な広告主や代理店に本サービスを提供できるようになります。DSPに限らず、強いサービスを日本の広告代理店様、EC事業者様にご提供していきたいと考えています」(的場さん)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

2018年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5