SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

Ascential傘下で展開加速 Amazon広告最適化AIツール「Perpetua」が日本支店開設

導入企業400社へ!導入で「効果が上がった」は6割超え

 日本国内においてはわずか半年で、200社から400社へと2倍近く導入事業者数を増やした「Perpetua」。日本市場にポテンシャルがあると評価され、Perpetua Japan開設の要因ともなったわけだが、躍進の背景には何があるのだろうか。

 「Amazon販売事業者様のコミュニティがいくつかあり、そこで『Perpetua』をご紹介いただいているようです。実際に『Perpetua』をご利用になったEC事業者様が、仲間の皆さんにクチコミで広めてくださっているのは本当にありがたいことです。コロナ禍によりAmazonで販売を行う事業者様が増えたことも影響しているのではと見ています」(的場さん)

 改めて、Amazon広告最適化AIツール「Perpetua」を紹介する。「Perpetua」は、広告予算と目標ACoS(Advertising Cost of Sale:売上高に占める広告費の割合)を設定すると、AIが運用を担い、ACoSを最適化してくれるツールだ。月額広告費が10万円以下であれば月5,500円から利用できる安価な価格設定も特徴のひとつだ。EC事業者がものづくりや接客など本来の商売に注力できるよう、広告運用の負荷を軽減したいという思いのもと、的場さんは「Perpetua」を展開している。

 的場さんに「Perpetua」導入事業者ついて分析してもらった。「Perpetua」は、月額の広告予算でプランが分かれるのだが、10万円以下の事業者が53%と過半数を占め、10-25万円が22%、25-50万円が13%、50-100万円が7%、100万円以上が4%となっている。業種別に見ると、これはAmazonの『出品』という概念からかさまざまな商品を販売する事業者が多く、これを『複合ジャンル』(39%)とした。それを除くとファッション17%、生活雑貨11%、化粧品コスメ9%、健康食品9%となっている。

Perpetuaオーバービュー

 「『Perpetua』導入後に売上が上がった、もしくはACoSが下がったのを『効果が上がった』とすると、効果が上がった(Excellent)が64%、変わらない(Average)28%、下がった(Poor)が8%となりました。ご導入いただいた事業者様からは『Amazon広告にまつわる人件費や手間が軽減されるため、導入費用を差し引いても安い』といったお言葉をいただきます。『Perpetua』の使いかたとして、完全にAIに任せて自動化する場合と、マニュアルと組み合わせるふたつのやりかたがあり、広告効果を重視するのであれば後者をお薦めしています。どちらのやりかたにしろ、一部でも自動化することで、広告運用の負荷が下がるのを大きなメリットと感じてくださるようです」(的場さん)

次のページ
ローカライズでますます使いやすく、日本のECのさらなる支援へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9475 2021/09/01 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング