SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

ACoS129%が36%に!月5,500円から使えるAmazon広告最適化AI・Perpetuaとは

 巣ごもり消費で急上昇するEC化率。ますます激戦区となったAmazonで戦うには、Amazon広告の運用が欠かせない。多忙なEC事業者はツールに頼ってみてはどうだろう。この記事では、Amazon広告最適化AIツール「Perpetua(パーペチュア)」を紹介する。一時期129%まで上がったACoSを、Perpetuaの利用で36%に改善した「木炭焙煎 大和屋 加賀店」にも登場してもらい、話を聞いた。

伸びるEC化率 激戦Amazon広告の運用をAIに任せる選択も

 コロナ禍による巣ごもり消費で、急上昇したEC化率。ECでモノを買う人が増えたのはもちろん、実店舗休業を余儀なくされ、EC販売に挑戦する事業者も増えている。ECの王者Amazonでは、4月に国内の物流倉庫で入荷制限を設け日用品の提供を優先したとの報道もあり、利用・販売の急増は推して知るべしだろう。

 ビフォアコロナから激戦区だったAmazonにおいて、ここ最近注目を浴びていたマーケティング手法が、Amazon内での運用型広告「Amazon広告」だ。Amazon.comの2020年1~3月期の決算発表によれば、広告を含む「その他」の売上は39億600万ドル、44%増にも上る。日本国内においては、広告代理店でのAmazon広告運用が増加し、ノウハウ書籍も相次いで出版された。いちユーザーとしても「スポンサープロダクト」の文字を見る機会が増えたはず。Amazonでの販売において「広告なしには売れない」との声も聞こえてくる。

 一方で、商品登録〜出荷までタスクの多いEC事業者にとって、進化し続けるネット広告の情報をキャッチアップし、運用し、成果を出し続けることは負荷が重い。委託すればその分の費用がかかり、薄利な小売ビジネスでは利益を圧迫してしまうこともある。運用を自動化する「Amazonオートターゲティング」の仕組みもあるが、成果を優先すれば自らこまめにチューニングしたいのが本音だろう。

 そんなEC事業者の要望に応えるのが、シンクリンクが提供するAmazon広告最適化AIツール「Perpetua(パーペチュア)」だ。広告予算と目標ACoS(Advertising Cost of Sale:売上高に占める広告費の割合)を設定するだけで、あとはAIが運用を担い、ACoSを最適化してくれるというもの。月額広告費によってツールの利用料金が変動する仕組みで、もっとも安価なプランは月5,500円(税抜)とハードルが低い。

 サンフランシスコ発のPerpetuaを日本で提供する、シンクリンク代表取締役 CEO 的場啓年さん、アカウントエグゼクティブ マキョウ・オーンさん、そして実際にPerpetuaを利用する 木炭焙煎 大和屋 加賀店の大坂直充さんに話を聞いた。

月5,500円から AIでAmazon広告運用を最適化する「Perpetua」

シンクリンク株式会社 代表取締役 CEO 的場啓年さん(写真:左)、
アカウントエグゼクティブ マキョウ・オーンさん(写真:右)

 輸入アパレルのEC販売や、大手代理店でデジタルマーケティングなどの経験を持つ的場さんは、2018年にシンクリンクを起業。ECの入口から出口までを一気通貫で支援することをミッションに、データフィード連携SEM「Salesoar」、Amazon広告最適化AIツール「Perpetua」を提供するほか、日本の事業者の米Amazon.com進出支援事業を開始、これら3つをマーケティングテクノロジー事業の根幹としている。

 ここ数年で一大市場となったAmazon広告。すでに運用支援ツールも複数出回る中、シンクリンクがPerpetuaの提供を始めた経緯を的場さんはこう語る。

 「Amazon広告の運用について多数のご相談をいただいていたことから、中小のEC事業者様の負荷を軽くするためのツールが必要だと感じていました。2019年6月にアメリカのリテールテック展示会に参加し、Perpetuaに出会ったのです。ほかにもいくつかツールはあったのですが、どれもオーバースペックだと判断しました。広告運用のプロ向けのものが多く、いろいろなことができるからこそ複雑だったんですね。Perpetuaこそが日本のEC事業者様の必要要素を網羅したツールでした」

 Perpetuaは、広告予算と目標ACoSを入力するだけでAmazon広告の運用が始められるシンプルなツールだ。運用が始まると、AIからキーワードが提案され、最適化されていく(任意での登録も可能)。ツール利用料金は月額広告費によって変動。月額広告費が10万円以下であれば月5,500円から利用できるのがもっとも安価なプランだ。そしてシンクリンクは、Perpetuaを導入することだけで広告費に対するコストを上乗せするつもりもない。

 「当社の利益は、ツールを提供するPerpetuaから出ています。当社のお客様からは、ツール利用料以外の費用はいただいておりません」(的場さん)

 2019年11月提供開始とまだ1年も経っていないが、すでにさまざまな商材で売上増、ACoS減、Amazonベストセラーランキングでの上昇と成果が出ていると言う。今回は、2020年4月からPerpetuaを利用している木炭焙煎 大和屋 加賀店の大坂直充さんに話を聞くことができた。

次のページ
売上100万円突破もACoS上昇に悩む Perpetua導入でACoS35%に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/7891 2020/06/03 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング