SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

アルペン自社ECの急成長を支えるZETA SEARCH スポーツとアパレルの世界で重なるOMO

ランキング経由のCVRは全体平均の約2倍 素早いPDCAが成果に直結

――「ZETA SEARCH」導入後に、得ることができた成果や変化を教えてください。

武藤(アルペン) 売上については、導入以前と比べると200%以上の成果を出すことに成功している上、現在も伸長している状況です。また、「ZETA SEARCH」導入によりトップページやブランドカテゴリページ内にランキングを表出できるようになりましたが、ランキング詳細ページのPV数は導入当初と比べて約3倍、ランキング経由でのCVRは全体平均と比べて約2倍の数値を記録しています。著しい成果を上げることができています。

 実は、従来は店舗ごとに用意していたポイントカードを2019年4月にひとつのIDに統合し、新たなメンバーシップ制度を開始しています。実店舗とECの相互送客やOMO推進はまだこれからというところですが、1年半強で500万人の会員獲得に成功しており、当社を知るお客様がわざわざ自社ECに足を運んでくださるケースも増えている状況です。このようなお客様の動きと検索の利便性向上施策がマッチングした結果の数字と考えています。

山﨑(ZETA) スポーツ用品を販売するには、OMOも重要ですよね。フィット感も重要ですから、なかなか実物を見ずに購入するのも難しいと思います。

武藤(アルペン) それは間違いないですね。コロナ禍においては、実店舗まで足を運ぶのは難しいと考えるお客様もいらっしゃるでしょうから、ECで購入していただいたり、ECで検討して受取は実店舗で行っていただいたりといったように、チャネルを越えた購買体験創出も今後はより強化していきたいです。

山﨑(ZETA) コロナ禍でゴルフ人口が増加しているという話を聞きました。アルペン様でも売上などに変化は見られましたか?

武藤(アルペン) 当社の実店舗やECにもこれからゴルフを始めたいという方や、ひさしぶりに再開したいといった方の来店が増加しています。お試し3点セットのような初心者向けの商品の動きが活発ですね。また、アウトドアの売上の伸びも順調です。夏頃はランニングの需要も増えていました。

 お客様の動きを見ると、何かしらのアクティビティをして楽しみを得たいという思いを感じます。アルペンは時代の先を読んでさまざまな施策を講じることができる企業だと思っていますので、今後もカテゴリを越えて身体を動かしたり、屋内外で活動したりすることの楽しさを伝えていきたいです。

――「ZETA SEARCH」導入後の満足度やサポート体制についてはいかがでしょうか。

武藤(アルペン) 30分に1回のデータ連携を実現することで、商品価格や在庫をほぼリアルタイムで表示できるようになった点は、売上にも直結していると感じています。導入後すぐに成果を出すこともできたため、満足度はとても高いです。今後は、世の中のデジタルシフトやお客様の購買行動の変化に合わせて検索のしやすさをより追求したり、アルペンの約400店舗の店舗網を活かした実店舗ごとの取扱商品検索を実現したりといった、機能の磨き込みを行っていきたいと考えています。やはり実際に成果が出ると欲も出てきてしまいますね。ZETAさんには、他社ベンダーとの連携も含めてさまざまな相談を行っていますが、柔軟に、かつ迅速にご対応いただけているため、その点にも満足しています。

市川(ZETA) アルペン様は、「ZETA SEARCH」導入後すぐにフィードバックをくださり、PDCAを回すのが速い企業様でいらっしゃいます。売上も順調に伸びているとのこと、ビジネスの武器としてZETAのソリューションを活用いただけている様子がうかがえ、ありがたく感じています。

次のページ
レビューはオンラインとオフラインをつなぐ糊 実店舗網を活かしたOMO推進を考える

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/8562 2021/01/21 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング