記事種別

著者情報

  • ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

    ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

執筆記事

  • 7969_th.png
    2020/07/01

    北陸の逸品を広く発信したい 地域金融機関がECモール「COREZO」を設立したワケ

     自然に恵まれ、古くから伝統や文化が根づく北陸から「その土地ならでは」な逸品を広めたいと、2019年5月にECモール「COREZO」を立ち上げた北國マネジメント。同社は、地域金融機関である北國銀行のグループ企業です。なぜ銀行のグループ企業がECモールを立ち上げることになったのか、COREZOを起点に発信したい想いについて、運営を担当する園悟志さん、中谷彩瑛さんに話を聞きました。

  • 7889_th.png
    2020/06/30

    ショップ店員のモチベーション向上へ フューチャーショップと考えるアパレルのDXに必要な施策とは

     実店舗が営業を休止せざるを得ない状況となった今春、企業・ブランドがデジタルに主戦場を移してどのように売上を作っていくか、店頭に立つことができなくなったショップ店員のスキルをデジタル上でどのように活かすべきか、新たな手法を考えるきっかけを与えられたとも言える。ショップ店員のDXを進めるには、誰もが使いやすいプラットフォームを選び、外部サービスを活用しながら効率的に環境整備を行うことが肝要だ。これからの企業・ブランドはショップ店員のDXをどのように進め、成長していくと良いのだろうか。ブランドのオム...

  • 7926_th.png
    2020/06/30

    ショップ店員のセールススキルをデジタルで拡張 選ばれし企業・ブランドになるため改革を

     コロナ禍における外出自粛要請を機に、ECでものを買う習慣が昨今より多くの人々に広がっている。実店舗が営業を再開しても、以前のように積極的に集客を行うことが難しい中、ショップ店員が顧客とコミュニケーションを取り、自店舗や企業・ブランドの売上に貢献するひとつの手段として、販売活動の場をデジタルに拡充する方法がある。ショップ店員に新たな活躍の場を提供するために、企業・ブランドは今何をすると良いのか、ファッション・アパレル専門のマーケティングを手掛ける合同会社プレイ 代表の四元亮平さんに話を聞いた。 ...

  • 7924_th.png
    2020/06/30

    ファンを呼べるショップ店員になろう SNS活用で企業・ブランドの売上を生む方法を伝授

     ショップ店員は、電話やハガキ、メールなど時代によって手段を変えながらも、企業・ブランドのファンである顧客と、1対1で深い関係を築き上げてきた。しかし、ショップ店員がこれから実店舗に人を呼び寄せ、売上を作っていくためには、不特定多数に広く情報発信する必要がある。これからショップ店員がSNSを活用し情報発信するメリットと、SNS活用を推進する際に企業が注意すべき点を、gramsの艸谷真由さんに聞いた。

  • 7898_th.png
    2020/06/12

    ECビジネス拡大に必須な自社ECとモールの並行活用 相乗効果が生まれるポイントをレクチャー

     TSUTAYA、コスメのエクスボーテ、スキンケアのプロアクティブ、アパレルのDoCLASSE、洋服の青山など、異なるジャンルでデジタルマーケティングを推進してきたアクティブ合同会社CEOの藤原尚也さん。それぞれの企業で藤原さんが成果をあげることができた理由とは。どう戦略をたて、実行に移してきたのか。本連載では、デジタル、店舗、テレビCMなどに精通する藤原さんにその秘訣を伺います。今回のケーススタディは、「モール」です。

  • 7888_th.png
    2020/06/10

    オルビスも活用 同期型のチャットコミュニケーションで広がるデジタル接客の可能性

     今、小売企業の接客のありかたに変化が見られ始めています。ビューティブランドとしてスキンケア用品などの販売を行うオルビスは、新型コロナウイルス感染症対策にともなう営業休止を機に、ビューティアドバイザーによる有人チャットを導入。ECサイト上でも、店舗ならではの接客を再現しています。同社の有人チャット機能導入を支援するAI Shift 代表取締役の米山結人さんに、チャット活用の利点やこれからのデジタル接客について、話を聞きました。

  • 7826_th.png
    2020/06/05

    LINE広告を起点に新規顧客を獲得! ビタブリッド ジャパンのLINE広告活用

     EC事業の中でもとくに競合他社が多い健康・美容領域では、商品の認知獲得や新規顧客の獲得といった事業課題を主戦場に、常に激しい争いが繰り広げられてきた。そんな中、ビタブリッド ジャパンでは、月間利用者数8,400万人(2020年3月末)を誇る「LINE」内に広告が出稿できる「LINE広告」を活用し、新規顧客の獲得とLTVの向上を両立させている。同社のLINE広告活用について、担当者である同社 マーケティングプロデューサーの新馬場隼さんと、広告運用を担当するCyberACE 営業本部 営業2局 第...

26件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5