記事種別

導入事業者が語る、「マーケティング支援ツール」としてのAmazon Pay

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/12/05 11:00

導入後は新規顧客のCVRが1.6倍に向上

井野川 Amazon Pay導入後の効果はいかがでしたか?

村田 CVRが大幅に改善されました。全体では約1.3倍、新規のお客様に限ると約1.6倍になっています。既存のお客様も伸びていますが、やはり新規の伸びが大きいですね。

井野川 実際に利用されたお客様の声などを教えてください。

村田 おかげさまでSNS上では、「買いやすくなった」「面倒な手順が減って便利」といったポジティブな反響をいただいています。

井野川 決済方法全体の中で、Amazon Payはどのくらいの割合で使われていますか?

村田 現状では、クレジットカードを抜いてAmazon Payがもっとも多く決済に利用されています。導入当初の利用率は10%程度でしたが、2017年に予約商品の決済にも対応したところ大幅に利用率が伸びて30%程度になりました。さらに直近では、9月の新型iPhoneの発売を受けて新規顧客が増えたこともあり、利用率は35%を超えています。

AppBank Storeでは、決済方法としてAmazon Payがもっとも多く使われている
AppBank Storeでは、決済方法としてAmazon Payがもっとも多く使われている(クリックすると拡大します)

新規顧客獲得に向けたマーケティング支援ツールとしてもおすすめ

井野川 導入の難易度についてはいかがでしたか?

村田 開発作業は社内エンジニア1名で、20日程度で完了しました。スムーズに実装できたと思います。また、導入後も新規顧客獲得に向けたAmazon Payの告知強化のアドバイスなど、継続してサポートしていただいています。

井野川 あらためてAmazon Payを利用して感じたメリットを教えてください。

村田 AppBank Storeにとっては単に決済手段のひとつというだけでなく、新規のお客様を開拓するうえで外せないマーケティング支援ツールとして捉えています。費用面では他の決済手段と比べても大きく変わらないので(※Amazon Payの手数料は4.0%、デジタルコンテンツの場合は4.5%)、新規顧客獲得のために有効なツールを探しているEC事業者は、まずマーケティング支援ツール兼決済手段として、Amazon Payを試してみてもよいのではないでしょうか。

株式会社AppBank Store EC事業部 部長 村田将幸氏
株式会社AppBank Store 取締役 EC事業部 部長 村田将幸氏

井野川 最後に今後、Amazon Payを活用して挑戦したいことやAmazonに期待することなどがあればお聞かせください。

村田 現状は、主にスマートフォンのアクセサリーなどで幅広く新規のお客様を開拓しています。次のステップとして、獲得したお客様それぞれの好みに合ったガジェットや雑貨などの商品を提案し、購入していただき、ロイヤルカスタマー化していくことが課題です。そのために有効なソリューションの提供、たとえばAmazonのデータベースを活用したAppBank Store商品のレコメンド機能などを今後、期待したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ECzine Day 2018 Autumn レポート

2017年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5