記事種別

導入事業者が語る、「マーケティング支援ツール」としてのAmazon Pay

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/12/05 11:00

 Amazonの決済サービス「Amazon Pay」は、EC事業者にどのようなメリットをもたらすのか。「ECzine Day 2018 Autumn」では、アマゾンジャパン Amazon Pay事業本部 事業本部長の井野川拓也氏とともに、導入事業者として株式会社AppBank Store 取締役 EC事業部 部長の村田将幸氏が登壇。Amazon Pay導入に至った経緯や得られた効果などを紹介した。

提供開始から3年で数千社がAmazon Payを導入

 Amazon Payは、Amazon以外のECサイトでもAmazonアカウントを使って簡単に決済が行えるID決済サービスだ。日本では2015年に「出前館」と「劇団四季」の2サイトで提供開始して以来、約3年を経た現在では導入ECサイトが数千社にまで増えている。決済金額もそれに比例して右肩上がりで成長しているという。

アマゾンジャパン合同会社 Amazon Pay事業本部 本部長 井野川拓也氏
アマゾンジャパン合同会社 Amazon Pay事業本部 本部長 井野川拓也氏

 ユーザーはAmazon Payを使うことで、複数のECサイトをAmazonアカウントひとつで利用できるようになる。買い物のたびに住所や支払い情報を入力する必要がなく、最短2クリックでスピーディーに注文を完了することも可能だ。さらに、Amazon Payならではの「安心感」も提供できると井野川氏は説明する。

「初めて訪れたECサイトでクレジットカード番号や個人情報を入力するのは不安に感じる方も多いでしょう。Amazon Payを使えばそれらを入力する必要がなく、決済はAmazon側で処理されるので、安心して購入いただけます。さらに、Amazon Payで購入した商品なら何かトラブルがあった場合にも、Amazonマーケットプレイス保証の対象(※最高30万円まで、一部適用されない商品サービスもあり)となります」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ECzine Day 2018 Autumn レポート

2017年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5