記事種別

ECにもDMが効く!? デジタルとアナログを組み合わせたマーケティングのあり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/10/31 11:00

 マーケティングの分野では昨今、デジタルとアナログを組み合わせた施策が注目され、実際に取り組む企業も増えている。「ECzine Day 2018 Autumn」でも、「デジタル×アナログから生み出す価値とは何か?」と題したパネルディスカッションを実施。イーリスコミュニケーションズ Co-Founder/エグゼクティブ プロデューサー 鈴木睦夫氏とアダストリア WEB事業本部シニアマネージャー 渡辺元氏が登壇し、博報堂プロダクツ データビジネスデザイン事業本部 大木真吾氏がモデレーターを務めた。

デジタル課題の突破口として期待されるアナログ施策

 メールマガジン(以下、メルマガ)やフォローアップメール、レコメンド、コンテンツのパーソナライゼーションなど、ECサイトの運営においてはさまざまなマーケティング施策が必要となる。しかし、こうしたデジタル型のアプローチだけでは十分な効果を得るのが難しくなりつつある。

 モデレーターの大木氏はその一因として、「デジタルではリーチできない顧客の存在」を挙げる。

「たとえばEメールを開封してくれる人、Eメールはゴミ箱行きでもSNSでリーチできる人などいろいろなパターンがありますが、そもそもEメールを含むオンラインでの接触を望んでいない、さらには拒絶しているという人も多数存在します」

オンラインでの接触を求めていない層が一定数存在する
オンラインでの接触を求めていない層が一定数存在する

 その一方で、近年ではダイレクトメール(以下DM)に代表される従来型の「アナログ」なマーケティング手法を取り入れ、デジタルマーケティングと組み合わせた施策により成果を上げる事例が注目されている。大木氏によれば、実際にこうした「デジタル×アナログ」を組み合わせた施策に取り組む企業が年々増加しているという。

「デジタルマーケティングの課題に対してアナログ施策がその突破口になるのか? デジタルとアナログの組み合わせで押さえるべきポイントは何か?──本日はこのあたりを中心にお話しいただきたいと思います」と、大木氏はテーマを投げかけた。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

2017年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5