SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.04 特集「2018年こそ! 本気の『LTV』 顧客体験から選び直す ECの仕組み」

MA活用の準備は整った
コスメ通販・エトヴォスが挑む データを活用したLTV向上施策

 10周年を迎えた、コスメ通販のエトヴォス。データ分析のプロが入社し、次に打つ一手とは。※本記事は、2018年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.04』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

 エトヴォスは、2007年5月設立の化粧品製造・販売会社だ。看板商品の国産のミネラルファンデーションほか、ヒト型セラミドが特徴のスキンケア商品や美容オイル、ヘアメイクアップアーティストとのコラボ商品なども展開している。

 代表である尾川ひふみさんが、ウェブデザイナーとして働くうちに肌荒れに悩み、ニキビに関する情報を個人サイトで発信。自らのために作っていたコスメを販売するため、起業。海外産ミネラルファンデーションに出会い、日本人の肌色によりあったものを製造・販売することにし、エトヴォスの設立となった。

 当初、コスメのパッケージのデザインも自ら手がけていたとのことだが、さすがウェブデザイナーだけあり、ウェブサイトも含め、アパレルサイトのように洗練されており、いわゆる単品通販のようなサイトとは一線を画する。モールでも販売しているが、85%の売上が自社サイト。オフラインにも展開し、直営店を含む取扱実店舗は300を超える。

 取材時は、ちょうど10周年イヤーの半ばにあたった。10年間、前年超えを達成し続け、売上も拡大。2017年8月には、前職でデータ分析のコンサルティングを行っていたその道のプロ、牛尾るみさんが入社した。規模と歴史により膨大に貯まったデータを活用し、販促やCRMも次のステップに進もうとするエトヴォスの次の展開について、話を聞いた。

株式会社エトヴォス BtoCセールス部マネージャー 牛尾るみさん
株式会社エトヴォス BtoCセールス部マネージャー 牛尾るみさん

データのプロからECの現場へ Data Studioでレポートを作成

 今回、取材に協力してくれた牛尾さんは、前職はデジタルマーケティング会社でデータ分析を担当するコンサルタント。EC事業者にも、提案を行う立場だったと言う。

 「施策をご提案し、お手伝いはできても、実際に生のリアルタイムなデータを見ることは難しいですし、成果も最後まで見届けられないことが多かったんです。それなら自分でやってみたいと思い、EC事業者側に転職することにしました。自分が愛着を持てる商品を扱いたいとの思いもあり、エトヴォスに入社しました。前職では、『なぜ、ご提案したことをすぐに実行してくださらないのだろう』と歯がゆい思いもしましたが、中に入ってみてわかりました。ECの現場って、本当に毎日、忙しいんですよね。入社してさっそく、『Google Data Studio』を使って、アクセスログの現状を俯瞰して見られる9ページほどのダッシュボードを作り、自動で更新されるようにして他部署にも共有しています。毎日、Google Analyticsで深掘りする時間を作るのは難しいので」

 現在の牛尾さんのポジションは、ECチームのマネージャー。チームのマネジメントを行いながらディレクションし、CRMのためにデータマネジメント(収集から分析まで)も手がける。同社のBtoC-ECにかかわる業務は、すべて見ていると言っていい。読者の中にも、何かのプロフェッショナルでありながらECチームのマネジメントも行っているという人は、少なからずいるはずだ。

 「やってみたい分析、それをもとにしたシナリオや施策は山ほどあるのですが、マネジメントと兼業なのでなかなか自分の手が動かせなくて、もどかしい思いをしています」

 データ分析のプロからするともどかしいかもしれないが、同社が利用するCRMツールベンダーの話によれば、エトヴォスではデータ活用に関して、先進的な取り組みを行っているとのこと。ステップメールや、セグメント配信など、メール施策の基本はクリア。F2転換率や継続率など、日々のデータを見ながら顧客分析を徹底的に行い、広告についても、評価をCPAではなくLTVで評価するように切り替え、顧客データとかけ合わせた分析も行っているとか。

 「そう評価していただけるのはうれしいですが、私から見るとデータ活用については40点くらい。それはまだまだやれることがある、伸び代があることも意味しています。顧客データを活用したCRMのメール施策は、2年ほどかけて準備をしてきました。今年から、CRMツールやマーケティングオートメーションなどを活用して、実際に施策を回していくことになります」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
お年玉クーポン施策で、単月過去最高売上を達成 LINEでもっとOne to Oneを

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.04 特集「2018年こそ! 本気の『LTV』 顧客体験から選び直す ECの仕組み」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/5521 2019/09/11 17:20

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング