記事種別

製品を引き立てる広告~優れたコピーとキービジュアル、
そのロジカルな作り方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

次に、コピーによる気づきをスピーディに理解させるビジュアルを

 次いで、選んだキャッチコピー案に適したキービジュアルを考え、組み合わせていきます。その前に、「良いキービジュアル」とは何か、ということについて整理しておきましょう。業界でも多様な考え方がありますが、私は以下のように捉えています。

 ビジュアルの中には、キャッチコピーでは文章を全部読み込んで初めて伝わる「意図」が、コピーと組み合わせて見せた途端、その両者の行間を埋めるかのように言いたいことの全体像が浮かび上がり、スピーディに理解できるようになるものがあります。こういった、メッセージ理解のスピードを上げるキービジュアルこそが、良いキービジュアルであると考えています。

著者が登壇した過去のセミナー公開資料より引用
川部氏が登壇した過去のセミナー公開資料より引用

 この段階でのビジュアル案は、デザイナーの手描きデザインでも構いません。あるいはその後の広告制作のステップを見据えて、一足飛びにアマナイメージズやアフロといったストックフォトサービスから選んでも良いでしょう。後者の場合、イメージロスが少なく、その後の制作スピードも上がります。この順序で制作されたクリエイティブはメッセージが明確なため、広告でも一本軸の通ったクリエイティブの開発が可能になります。特に製品ベネフィットに対して明確にニーズが表れている顕在層を対象にした広告では、大きな威力を発揮します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:どこまでもロジカルに EC・通販事業の全貌を徹底究明

もっと読む

2017年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5