SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Summer

2023年6月14日(水)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

OMOは標準化へ 包括的店舗DXソリューション「One Tempo」が実現する未来のコマースとは

顧客の“デジタル慣れ”が加速 OMOが標準サービスになる時代へ

 店舗DXの推進が急務だと考察する電通デジタルの目には、顧客の購買行動の変化はどのように映るのだろうか。口脇氏と柴田氏はともに、コロナ禍の数年で顧客の「デジタルを活用したサービス」に対する期待値が急上昇していると指摘する。

「購買行動における、認知・興味・検討・購買といった一連のフェーズで、デジタルの顧客接点が設けられるようになり、もはやその状態がスタンダードとなりました。単にECで購買の間口を広げるといった、部分的な対応では決して十分ではない状況になりつつあります」(口脇氏)

 たとえば、SNSで認知した商品をECで検討・購買するだけでなく、これまで実店舗でしかできなかった接客体験が、ライブ配信やビデオ接客などでも担保できるようになりつつある。顧客は、一度体験した快適な体験を手放すことが難しいため、今までにないほどにデジタルへの親和性が高まっているというわけだ。こうした背景の中、柴田氏は「それでも顧客が実店舗に訪れる理由を的確に把握しつつ、デジタル慣れした顧客に最適な体験を提供することが大切」だと語る。

「従来、実店舗とECは融合が難しいとされ、システムやデータを別々に管理する小売企業も少なくありませんでした。しかし、今後は両者のシナジーを発揮しなければ、顧客の支持を獲得することは難しくなっています。かつて、ECもアプリも黎明期には『なかなか浸透しないのではないか』と言われていました。現在では、ショールーミングやOMO型店舗などにそうした意識を持つ人も一定数存在するかと思いますが、新しいテクノロジーの浸透スピードは日々加速しており、新たな店舗形態を標準サービスとしてとらえる顧客も増加しています。顧客に古い印象を与えないためにも、OMO実現に向けた店舗DXにいち早く取り組むべきだと考えています」(柴田氏)

株式会社電通デジタル エクスペリエンスデザイン本部 クリエーティブ部 ユニット2  クリエーティブテクノロジスト 柴田耕次氏
株式会社電通デジタル エクスペリエンスデザイン本部 クリエーティブ部 ユニット2
クリエーティブテクノロジスト 柴田耕次氏

 それでは、店舗DXは具体的にどのように進めていけば良いのだろうか。前出したように、EX向上を意識しつつ、経営層が率先して取り組むことが大切だとした上で、口脇氏は「実効性を持ったソリューションの導入も有効な手段」だと言う。

「経営層が声がけするなど、全社的にOMO実現への意識強化を図ることは重要ですが、人の行動や意識はなかなか変えることができないケースも往々にして存在します。そこで、店舗DXで導入したソリューションを通じて、自然と実店舗とECの垣根を取り払い、オンラインとオフラインの融合を推進できるのが理想的な姿ではないかと感じています。こうした点でも経営意識と現場課題、両方に並行してアプローチできる『One Tempo』が、OMO実現に効果的なソリューションだと言えるでしょう」(口脇氏)

次のページ
事業構造を改革する「One Tempo」 実店舗の購買体験をデジタルで拡張しLTV向上を

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/10580 2021/12/23 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング