SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

金子洋平のおしゃれEC通信

ZOZOの雑誌連携からOrigamiで「売れる」の声まで 2015年注目ファッションECサイト8選


アパレルネットショップ「101064」を運営するニューエイジの金子さんが、ECとファッションを掛けあわせた記事を書いていきます。

ファッションEC2014年〜2015年スタートまとめ

 さて、2015年がはじまりました。2014年もファッション系ECサイトでは、たくさんの出来事がありました。それだけ注目のジャンルであり、インターネットの新しいサービスが盛り込まれています。 その中でも、特に注目したサイトをいくつか紹介していきたいと思います。

1.マガジンニュースでますますファンが増えるか 「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」

http://zozo.jp/

 サイトデザイン的にはここ数年あまり変わらず、シンプル路線のZOZOですが、昨年11月からマガジンストアを開設し、ファッション雑誌の販売を開始しました。それに伴い、トップページに無料で読めるマガジンニュースというコンテンツが始まりました。

 昨年、「コンテンツマーケティング」という言葉とともに「売る」だけのコンテンツだけではなく、サイトのファン化を促進するために流行った言葉ですが、このマガジンニュースもZOZOへの新規顧客開拓、ファッション雑誌の購買促進になるのか興味があります。

 ZOZO独自のZOZOPEOPLEが終了し、SNS機能、ブログ機能などは同社が運営するコーディネートアプリ「WEAR(ウェア)」へ統合されました。WEARも着実にユーザー数を伸ばしており、昨年11月にZOZOとWEARの合計会員数が1,000万人を超えるというリリースも発表されました。 単純なコーディネートアプリとしては成功しているものの、WEARの次の一歩が気になるところで目が離せません。

2.後発だからこその勢いを感じる 「fifth(フィフス)」

http://5-fifth.com/

 コードシェアが運営するレディース通販サイト「fifth」が好調です。2013年スタートとファッションECとしては後発となるサイトですが、2期目ですでに売上は10億円を超えており、勢いがあります。

 徹底的なブランディングを意識したモデルの起用やサイトデザインが特徴です。価格もかなり手頃に抑えられており幅広い層に支持されていることが伺えます。昨年9月にはシステムを刷新し、クーポンやメールシステムなどのCRMを強化しています。台湾にも進出するなど、スピード感のある経営にも注目です。

3.アパレルオムニチャネルの先進的取り組み 「.st(ドットエスティー)」

http://www.dot-st.com/

 ポイントとトリニティアーツが運営している計18ブランドを統合した「.st」が11月20日にオープンしました。それまでは、ポイント側とトリニティアーツ側で別々の直営サイトを運営していましたが、統合することによりポイントを共通化しています。

 また、公式アプリも提供し、リアルの店舗でも利用できるようになっています。多数の人気ブランド、多数の店舗を全国で展開しているからこそできるオムニチャネル化の好例かと思います。

4.「PARCO CITY(パルコシティ)」はサービス終了し、「カエルパルコ」へ 

https://www.parco-city.com/

 パルコのファッション通販サイト「PARCO CITY」は2015年1月19日でサービスを終了した。リリースを見た時は驚いたが、同社はポケットパルコなど新しい取り組みも早速発表しているため、今後の動きが楽しみです。

 今後通販サイトは「カエルパルコ」に集約、POKET PARCOアプリで店舗の情報発信を運営していきます。クラウドファウンディングのサービスなども開始しており、同社のネットサービスとリアルの融合サービスに期待です。

ECzine主催無料イベント3/17「選ばれ、愛されるeコマースのつくりかた」

あの有名ECサイト「cotta」「メガネスーパー公式通販サイト」「Oisix」は2015年何に取り組むのか? パネルディスカッションでここだけの話、聞いちゃいます!

ほかにも、ECサイトのコンテンツマーケティングやメディア化の失敗、マーケティングオートメーションなど、ECの最新トピックスが盛りだくさん!ぜひ会場にお越しください。

↓お申し込みはこちら↓
★☆3/17開催 「ECzine Day 2015 選ばれ、愛されるeコマースのつくりかた」☆★

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
2015年は動画を使ったコンテンツマーケティングが来るか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
金子洋平のおしゃれEC通信連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ヤプリ 執行役員CCO 兼 エバンジェリスト 金子洋平(カネコ ヨウヘイ)

大学卒業後、GMOインターネットでマーケティング、営業、新規事業立ち上げを経験。24歳で「ファッション×インターネット」をテーマに起業、ファッションメディア、ファッションECを11年運営した。2016年よりアプリプラットフォーム「Yappli」の株式会社ヤプリに参画。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1659 2015/10/28 16:33

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング