SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.23定点観測

モール内で完結せずマルチチャネルに連携し、買い物ストレスをなくそう

 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。いつもの羽田野さんに、モールについて聞きました。※本記事は、2022年12月25日刊行の『季刊ECzine vol.23』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

Amazonで販売者が購入者にメール送付へ LTV向上施策

 10月12日、13日にオンラインイベント「Amazon ECサミット 2022」が開催された。グローバルの最高責任者であるダグ・ハリントン氏が基調講演に登壇した他、Amazon Fashionがテーマのセッションには、モデルの冨永愛氏が登壇するなど、充実したタイムテーブルだった。

 そんな中、羽田野さんが注目したのは「ヤマト運輸とAmazonの物流・フルフィルメントサービス」と題したヤマトホールディングス 長尾裕氏とアマゾンジャパンで販売事業者向けのフルフィルメントサービスを統括する吉沢直大氏が登壇したセッションだ。

「クール宅急便の実装を予定しているとのことでした。Amazonは、食品ECに力を入れる姿勢を以前から示していました。冷蔵、冷凍にも対応できるようになるとすれば、食品ECの分野を広げていく大きなポイントになるのではと考えています」

 次に、2023年に実装予定だという販売事業者が購入者に直接メールを送付できる新機能についてだ。ちなみにアメリカでは、先行して9月に発表された模様。

「従来はフォローメールなどもAmazonから発信される仕組みのモールでした。今回発表された新機能実装後は、販売事業者から直接セグメントを切って送付することもでき、開封率やメール経由のコンバージョン、売上などの指標がデータで確認可能になるようです。商材によっては、一度購入していただいたきりの関係になってしまうこともあったと思いますが、メールでのコミュニケーションによってリピーターが育成できるようになるところが大きいと思います。LTV向上施策のための新機能として実装されるようです」

 ちなみにセグメントは、新規顧客、過去12ヵ月以内に購入したリピーター、高額購入者など、さまざま切ることができ、LINEにも対応するようだ。

 そして、前回の定点観測でも強化の傾向を紹介したが、Amazon内広告のうちスポンサーディスプレイ広告にも注目だ。

「メインとなるスポンサープロダクト広告以外だと、スポンサーディスプレイ広告を利用されている事業者が増えていると感じます。出稿にはブランド登録が必要になりますが、当社でもメーカー企業様やブランドをお持ちの店舗様には積極的に利用をおすすめしています。スポンサーディスプレイ広告の中でも動画広告は、検索結果画面に表示されるなど視認性が高い一方で、動画素材を用意できる企業様が少ないため、競争がそこまで激しくないのが現状です」

 スポンサーディスプレイ広告について10月15日より、広告のリンク先をAmazonストアに設定できるようになっている。Amazonストアでは、商品ページへのリンクをまとめたり、ブランドについて説明したり、季節の特集ページを設置したりできる。

「より広告としての自由度が上がりました。Amazonストアにアクセスを集めることで、転換率の改善が見込めるのではないかと思います」

 羽田野さんが感じとっている事業者の傾向として、Amazonへの広告出稿が増えているというものがある。Amazon広告は、Amazon内の商品ページやAmazonストアへの誘導はもちろんのこと、Amazon外のサイトにも誘導することができる。広告出稿を増やしている事業者も、かならずしもAmazon内でビジネスを完結させようとしているわけではなく、外部サイトにも誘導し、またAmazon外からもAmazonに誘導したりしていると言う。

「アメリカでは、Meta、Googleに次いで、Amazonへ投下する広告費が多くなっているという調査データも出ており、Amazonの存在感が増している。当社でも、複数チャネルをお持ちのクライアントには、モール内で完結せず、モール内外へ誘導して、お客様が買いたいタイミングと買いたい場所で購入できるようタッチポイントを増やしていくような広告活用をご提案しています。Amazon広告でAmazon外にも誘導ができ、またAmazonへの広告出稿が増えていることから、当社がおすすめしてきた流れが間違っていなかったのだなと感じています」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
楽天クーポンアドバンス広告 キーワード設定などアップデート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
季刊ECzine vol.23定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/12144 2023/01/25 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング