SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

カラクリ、チャットボットの「役に立たなかった回答」を抽出し改善提案を自動で作成する新機能を発表

 カスタマーサポートDXを推進するカラクリは、高精度AIチャットボット「KARAKURI chatbot」の運用支援として、生成AIによる応対品質を改善する新機能を追加した。これにより、チャットボットの応対品質の改善ポイント抽出、改善策の提案が自動化される。また、運用工数の大幅な削減が見込める。

  同機能は、OpenAIの共同設立者であるAndrej Karpathy氏が推奨するフローエンジニアリング(LLMが判断するフェーズをプログラミングで設計・制御する技術)を活用。GPT-4と既存システムを組み合わせることで、AIによる複雑な推論を可能にし、高い精度の運用改善提案が可能となる。

KARAKURI chatbot運用支援機能について

 KARAKURI chatbotは、カスタマーサポートに特化した高精度チャットボット。新機能「AIアドバイザー」は、チャットボットのログから利用者にとって「役に立たなかった回答」を中心に抽出し、その回答文の改善提案を自動で作成する。そのほか、チャットボットに学習させた類似するFAQデータの整理や追加すべき回答文の作成なども自動化。運用担当者の負担を軽減する。

主な機能

  • 応対品質に問題があるFAQの抽出、その改善提案
  • 重複するFAQデータの抽出および削除提案
  • 不足している回答データの提案

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/14854 2024/05/31 07:30

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング