SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Spring

2022年3月17日(木)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年冬号(vol.19)
特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

レコメンドでセレンディピティ体験を提供 1,200万点の「作品」を扱うCreemaのデクワス活用事例

 クリエイターによるオリジナル作品を、1,200万点以上取り扱う「Creema」。そのアイテム量と種類の豊富さが大きな特徴となり、「作品」を生み出すクリエイターとユーザー双方からの支持を獲得し続けている。しかし、Creemaを運営する株式会社クリーマは、その特徴が故に「適切なレコメンドを行うことが難しかった」と言う。課題の解決のためにサイジニアが提供する「デクワス.RECO/デクワス.VISION/デクワス.MAIL」を導入したクリーマは、どのようにCreemaを改善したのだろうか。改善に携わったクリーマ、サイジニアの3人に話を聞いた。

「作品」の種類が豊富なCreema この特徴が故に抱えるレコメンドの課題とは

 クリエイターとユーザーが直接売買を行うCtoCマーケットプレイス「Creema」。ECサイト・アプリにて、ハンドメイドを中心に現在1,200万点以上もの「作品」を取り扱う。Creemaを運営する株式会社クリーマは、「本当にいいものが埋もれてしまうことのない、フェアで新しい巨大経済圏を確立する」をサービスミッションに掲げ成長を続けており、2010年のサービスローンチから約11年が経った2021年、アプリダウンロード数は1,200万件以上、流通総額は150億円を上回った。

名古屋(クリーマ) Creemaには、現在約22万人のクリエイターが存在し、さまざまな作品を生み出しています。ハンドメイドと言うと手芸・雑貨のイメージを抱く方も多いでしょう。もちろんいわゆる手芸品を出品いただく方も多いですが、ファクトリーブランドが出品するファッションアイテムや革製品、作家・職人がこだわりを持って作った1点ものの器やインテリア作品などもあり、Creemaには本格的なクリエイターによる多様な作品が集まるという特徴があります。私は、こうした多岐にわたる作品の魅力をより多くの方に届けられるよう、CreemaのECサイト・アプリのプロモーション・プロダクト・MD領域を担当しています。コロナ禍においてはユーザー数が大きく伸長しましたが、サービスを拡大する伸びしろはまだまだ大きいと感じています。

株式会社クリーマ 執行役員 マーケティングDiv. ゼネラルマネージャー 名古屋孝平氏

株式会社クリーマ 執行役員 マーケティングDiv. ゼネラルマネージャー 名古屋考平氏

 「本当にいいものが埋もれてしまうことのない、フェアで新しい巨大経済圏を確立する」というサービスミッションを、1,200万点以上の「作品」を扱うサービスで実現するには、テクノロジーの力も必要となる。ECサイトでユーザーにアイテムを見つけてもらうにはレコメンドの活用が有効な施策のひとつだが、Creemaではそう単純にはいかなかった。それぞれのクリエイターがこだわりを持って作り上げる「作品」の多くは1点もので、在庫は小ロット。通常のECサイトで言うところの「在庫切れ」が頻発する。さらには、クリエイターが生み出す「作品」が、規定のジャンルやカテゴリーにおさまりきらないという特徴もあった。

 こうした状況下でもユーザーに適切な「作品」を提案できるよう、高精度のレコメンドを実現すべく努力を重ねてきたクリーマだが、通常のECサイトと同様の方法を採るだけでは、同社が目指すレベルまで精度を高めることが難しかったと言う。

柏村(クリーマ) Creemaでは、ロットの少なさから作品の入れ替わりが激しいため、作品1つひとつから取得できるデータが少ない、すべての作品の特徴を適切に把握することが難しいということもあり、従来自社で行っていたレコメンドに限界を感じていました。

 クリーマはこうしたレコメンドの問題を解決すべく、約3年前にサイジニアが提供するレコメンドエンジン「デクワス.RECO」と「デクワス.VISION」をCreemaのECサイト・アプリに導入。「デクワス.RECO」は、サイト内に潜在するアイテムをピックアップする機能があり、数が多いが故にアイテムが埋もれてしまうことを防ぐほか、ユーザーに最適化されたレコメンドをリアルタイムで判断・実行する機能を有する。また、「デクワス.VISION」は、ECサイトが保有するすべてのアイテム画像の解析を行った上で、視覚的に類似した特徴を持つアイテムを探すという方法を採っているため、レコメンドの精度をより高めることが可能となる。

次のページ
画像解析AIの活用で1,200万の「作品」を瞬時に識別

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 髙橋 希望(タカハシノゾム)

革靴販売に約7年間従事後、2021年よりECzineの編集者を務めています。コマースの現場で感じたことを活かしつつ、ECに関するさまざまな情報をお届けしていきます。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9608 2021/11/30 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年3月17日(木)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング