SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2021 Spring レポート(PR)

コロナ禍で加速するDX 消費者の変化に適応する「ECサイトのメディア化」とは

快適な購買体験を提供する「ZETA CX シリーズ」

 今後Z世代の年齢が上がるにつれ、レビューはさらに重要視されていくと考えられる。消費者は企業が発信する情報よりも、3倍から5倍ほかの消費者からの情報を信頼するという言説もあり、顧客と強固な関係性を築くことが今後より重要な要素となることは間違いない。

 山﨑氏は「過渡期である以上、ノイズとなる評価やフェイクレビューも存在することは事実だが、いずれは淘汰されていくはず。テクノロジーの進化でレビューは消費者に対してより便利な情報源となっていく」と語り、MarkeZineに掲載されているサンエー・ビーディーの事例記事を紹介。同事例では、ネガティブなレビューを懸念していたものの導入後およそ2ヵ月間で半年のレビュー目標件数をクリアし、レビューの有無でCVRに180~250%もの差が出た商品もあったと言う。

 山﨑氏は、ここで改めてCXを変容させた3つの要因として「スマートフォンの登場による消費行動の変化」「コロナ禍で加速するDX」「新たな消費の主役として台頭するZ世代」を挙げ、これらは相互に関与していると述べた。OMOについてもECと店舗のシナジーを出していくことが重要であると強調した。

 そして、これらを実現するサービスとして山﨑氏は「ZETA CX シリーズ」を紹介。

 レビュー・口コミ・Q&Aエンジン「ZETA VOICE」をはじめとし、年間950億クエリを処理するEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」、OMO・DXソリューション「ZETA CLICK」について解説した上でこのように語った。

「2020年の日本におけるECサイトの総流通額は15兆円と言われていますが、ZETA CX シリーズの導入事業者全体の流通額が約2兆円に到達しており、今後もシェアを獲得していけるよう製品の改善、新しい価値の提供を継続して行っていきたいと考えています。興味のある方はお問い合わせいただければと思います」(山﨑氏)

 なお、セッションの終盤では聴講者よりチャット経由で寄せられた質問に山﨑氏が回答。高単価商材がレビューに与える購買への影響についての問いには、「家や車など、ライフイベントに与えるインパクトが大きく価格の高いものほどレビューの重要性は高まる」と答えた。「Z世代は人口としてはマイノリティーではないか」という問いかけに対しては、次のように回答した上でセッションを終えた。

「人は1年ごとに必ず歳を取ることを踏まえると、Z世代も年々経済力を持つようになり、消費層のマジョリティーと化していきます。また、X世代・Y世代・ミレニアル世代も世の中の流れに沿ってデジタル化を受け入れていくと考えられるため、今後はこうした動きを見据えたマーケティング施策を講じる必要があると言えるでしょう」(山﨑氏)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzine Day 2021 Spring レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9040 2021/04/28 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング