SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2021 Spring レポート(PR)

コロナ禍で変化するショッピング体験 アメリカの最新事例から見る海外ECサイトのトレンドとは

顧客体験向上を実現できる基盤提供 Adobe Commerceの特徴とは

 アドビは、ECにおいて顧客体験を向上させるためのクラウド基盤「Adobe Experience Cloud」を提供している。顧客の新規獲得からコンバージョン、リテンションといったカスタマージャーニーにおけるすべてのタッチポイントで顧客体験の最適化を図っているが、Adobe Commerceは同基盤の中で、ECサイトの構築、商品の販売・発送、購買分析の統合管理を司るものだ。

 Adobe Commerceには、大きく4つの特徴がある。高橋氏はひとつずつ順を追って説明した。

柔軟なビジネスモデルに対応

 Adobe Commerceは、BtoCだけでなくBtoBにも対応し、さまざまな業種で導入されている。高橋氏は「グローバルでのECサイト展開のしやすさにも特徴がある」と補足した。

AIを活用したパーソナライズ

 同社は「Adobe Sensei」と呼ばれるAIを活用し、ユーザーに最適化されたコンテンツ配信の自動化をAdobe Commerceにおいて実現している。商品レコメンデーションでは、次のような複数のアプローチが可能だ。

  • Item-Based(この商品を見ている人はこの商品も見ている)
  • Shopper-Based(あなたへのおすすめ商品)
  • Content Similarity-Based(類似商品)
  • Contextual Popularity-Based(トレンド商品、もっとも閲覧されている商品)

ヘッドレスアーキテクチャへの対応

 ヘッドレスアーキテクチャとは、顧客のショッピング体験をよりよくするために考えられたものであり、ストアフロントとバックエンドであるEC処理とを分離させたアプローチだ。IoTやモバイルデバイスは日々進化しており、これからのショッピングはパソコンやスマートフォンといった既存デバイスだけで行われるとは限らない。ヘッドレスアーキテクチャを採用することで、戦略やニーズ、デバイスの変化にもいち早く対応し、コンテンツを提供できるようになるというわけだ。

クラウド

 エンタープライズでセキュリティを担保でき、スケーラブルなインフラ構成を取ることができるクラウドは、こうしたソリューションの基盤として、もはや必須と言えるだろう。高橋氏は、導入までのコストが小さいことに触れた上で、このように語った。

「当社では、Adobe Commerceに関するアプリケーションのみならず、インフラ環境やモニタリングも含めたサービスをすぐに提供することが可能です」(高橋氏)

次のページ
Adobe Commerceでビジネスを成長 3つの事例を紹介

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECzine Day 2021 Spring レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

奥野 大児(オクノ ダイジ)

1971年生まれのライター・ブロガー。20年ほど企業内でデータベースエンジニアや社内SEを経験してからフリーに。 執筆ジャンルは、IT・ガジェット・歴史・ドラマ・グルメ・将棋・旅など。ブロガーを活用したPR施策も受け付けています。●Blog:https://www.odaiji.com/blog/ Tw...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9039 2021/05/13 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング