SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzine Day 2021 Spring レポート(AD)

コロナ禍で変化するショッピング体験 アメリカの最新事例から見る海外ECサイトのトレンドとは

新しい生活様式に合わせたECの変化を知り対応しよう

 高橋氏は、セッションのまとめとしてEC市場が成長した半面、より多様な体験、つまり冒頭で説明したCommerce Your Wayの概念がより重要になることを改めて強調する。求められているのは、これまでECを利用しなかった顧客にも使いやすく、かつ人が密集せずとも購入ができる環境の構築だ。こうした変化は今後も起こることを踏まえ、準備が必要となる。

 そのために求められるテクノロジーとして、高橋氏は「AI」「ヘッドレスアーキテクチャ」「クラウド」の3点を再び紹介した上で、このように語った。

「これらに対するソリューションとして、BtoC・BtoB双方のビジネスモデルに対応するAdobe Commerceがあります」(高橋氏)

 クラウド環境で提供されるAdobe Commerceは、コマースアプリケーション・モニタリングツール・インフラ・CDNが一体となり、サポート体制も整えられているため、短い導入期間でアジリティやセキュリティの担保もできる。時代の潮流を知ることと、それに即座に対応できる環境を整えておくこと。その両輪を抑えておくことがこれからのECで失敗をしない鍵と言える。

デジタルビジネスを成功させるオムニチャネル体験を解説

 変化の激しいデジタルビジネスにおいて、競争から抜け出す方法を模索する方に向け、アドビではCXMガイド「実践CXM デジタルコマース編:デジタルビジネスを成功させるオムニチャネル体験」を配布しています。詳しくはこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECzine Day 2021 Spring レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

奥野 大児(オクノ ダイジ)

1971年生まれのライター・ブロガー。20年ほど企業内でデータベースエンジニアや社内SEを経験してからフリーに。 執筆ジャンルは、IT・ガジェット・歴史・ドラマ・グルメ・将棋・旅など。ブロガーを活用したPR施策も受け付けています。●Blog:https://www.odaiji.com/blog/ Tw...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9039 2021/05/13 11:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング