SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2021 Spring レポート(PR)

コロナ禍で変化するショッピング体験 アメリカの最新事例から見る海外ECサイトのトレンドとは

Adobe Commerceでビジネスを成長 3つの事例を紹介

 高橋氏は、Adobe Commerceの導入事例として3つのブランドを紹介した。ひとつめは、Adobe Senseiを活用したレコメンデーションで差別化したショッピング体験を提供するアクセサリーブランド「Catbird」の事例だ。

 Catbirdは、若年層をターゲット顧客としたブランドである。デジタルに精通した顧客に対してエレガントで魅力的なコマース体験を提供する必要があったが、それまで活用していたレコメンドエンジンは、ECサイトのパフォーマンスに悪影響を与えており、課題に感じていたと言う。

 そこで、Adobe Senseiを活用した商品レコメンドへの切り替えを実施。わずか数時間で作業が完了した上、ECサイトへの負荷も減り、ヘッドレスアーキテクチャを用いた、オムニチャネルでのショッピング体験提供を実現することにも成功した。なお、同ブランドではトップページと商品詳細ページに売れ筋とセグメントごとの商品レコメンデーションを導入し、売上高を前年比1,500%に、モバイルでの購入も63%増加させている。

 ふたつめの事例は、フットウェアやアクセサリーを扱い、世界で3,000以上の販売拠点を持つALDOグループである。同社は長年、複数の国の顧客にパーソナライズされたオムニチャネル体験やプロモーション、ローカライズされた体験を提供できていないという課題を抱えていたが、Adobe Commerce導入により、ヘッドレスアーキテクチャ、IoT、二次元コード活用を実現し、BOPISを実現している。

 高橋氏は、ここで動画を用いて同社の一連のショッピング体験に近い内容を紹介。実店舗でスマートフォンアプリを活用して製品の二次元コードを読み取ると商品情報が表出し、製品に合ったほかの商品のレコメンドを見ることができたり、欲しい商品が店頭にない場合はアプリ内で取り寄せたりといったことが可能になっている。こうした結果、売上は2倍に、TCO(Total Cost of Ownership)の15%削減に成功。これらのサービス構築は、わずか6週間で成し遂げている。

 3つめに紹介された事例は、アメリカを代表するチーク材のアウトドア家具メーカー「Country Casual Teak」だ。Adobe Commerceの構築に特化したウェブ制作会社Scandiwebの協力を仰ぎ、VRショールームを実現。テラスを三次元で表現し、移動する様子を動画でデモンストレーションしている。

 同社はさらに、Adobe Commerceを活用してエラー率やコードの問題を減らしながら効率化を図り、コンバージョン率を18%、売上を20%、平均注文金額を10%上げることに成功した。

次のページ
新しい生活様式に合わせたECの変化を知り対応しよう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECzine Day 2021 Spring レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

奥野 大児(オクノ ダイジ)

1971年生まれのライター・ブロガー。20年ほど企業内でデータベースエンジニアや社内SEを経験してからフリーに。 執筆ジャンルは、IT・ガジェット・歴史・ドラマ・グルメ・将棋・旅など。ブロガーを活用したPR施策も受け付けています。●Blog:https://www.odaiji.com/blog/ Tw...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9039 2021/05/13 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング