記事種別

コーヒーでピークエクスペリエンスを提供する PostCoffeeがサブスクから生み出す文化と体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

卸業者の支援も実施 コロナ禍でもコーヒーのあるライフスタイルを伝える

金子 このオフラインストアは特段良い立地というわけではないですよね。お客様は来店しますか?

下村 結構いらっしゃいますね。今は新型コロナウイルス感染症の影響で予約制にしていますが、コロナ禍に入る以前、とくに週末はかなりの数のお客様が来店してくださっていました。コーヒーをその場で提供するモデルではないので、来店されたお客様にブランドのイメージを高めていただいたり、UGCを生み出す場として活用したりしています。この店舗を増やす計画はなく、今後はポップアップストアで補完していきたいと考えています。

金子 なかなかリアルイベントなども行うことができない状況ですが、今はどのような活動をされていますか?

下村 今は初めてのお客様向けに、毎週オンラインセミナーを開催しています。とても好評なので、この取り組みからさまざまなカリキュラムを作っていきたいと考えています。まだリアルでイベントを行うのは難しい状況ですが、PostCoffeeとしてコーヒーのあるライフスタイルを伝えるイベントは実施したいと思っています。

 私は「ピークエクスペリエンス」と呼んでいるのですが、コーヒーを飲む最高の体験をPostCoffeeで作っていきたいと考えています。たとえば、キャンプで朝目覚めたときに自分で淹れる1杯、登山のときに山頂で飲む1杯など、最高のシチュエーションをお客様に届けたいです。最高な瞬間に、最高のコーヒーを飲んでいただく。そのような体験作りを行っていきたいですね。

毎月のコーヒーに同梱されているフリーペーパー

金子 最後に、これからのPostCoffeeについての展望をお聞かせください。

下村 PostCoffeeのビジョンは、「毎日のコーヒーをもっと美味しく、スマートに。」です。それを実現するために、先ほどの「ピークエクスペリエンス」の提供を目指していきます。しかし、これをPostCoffeeだけで実現するのは難しいとも思っています。

 2020年末より、PostCoffee上で国内外のロースターのコーヒーが買えるサービスを開始しました。従来のコーヒー屋の収益はBtoBで、カフェやレストラン向けに卸すことがベースになっていましたが、現在、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、需要が大きく落ち込んでいます。PostCoffeeはユーザー基盤があるため、各ロースターから卸でコーヒーを買い取り、販売を行います。PostCoffeeとしては、美味しいコーヒーとお客様をつなぐプラットフォームになっていければ良いと考えています。そして、日本全国のコーヒーがどんどん美味しくなっていくように活動を続けていきます。コーヒー版ZOZOTOWNのようなセレクトショップになることができたら良いですね。

あとがき

 今回は、スペシャルティコーヒーのサブスクリプションサービス「PostCoffee」を運営する下村さんにお話を聞きました。前回取材した「LIFFT」同様、文化を作り顧客の日常に溶け込むようなサービスは、サブスクリプションで展開するのが最適なのかもしれません。今後もPostCoffeeの活動に注目したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:金子洋平のおしゃれEC通信

もっと読む

2015年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5