記事種別

LINEの雑談から売上が生まれる? 値引きなしで顧客にエンタメを提供するSNS接客術とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 EC運営担当者は、ひとりもしくは少人数で数多くの業務を回していることも多いはず。できるだけ無駄な業務を省き、効率化をしたいと思っても、日々の業務に忙殺される中ではなかなか業務を仕分けする時間すら取れない……とお悩みの方も多いのでは?この連載では、ひとりでEC運用を行う三浦卓也さんが自身の経験を踏まえた効率的なECサイト運営方法と、売上アップの秘訣をお伝えします。第3回のテーマは、「SNS活用」です。

 こんにちは。バターコーヒーのお店「ミウラタクヤ商店」を運営しつつ、Shopifyに特化したコンサルティングもしている三浦です。

 第1回第2回の記事でもお伝えした通り、僕はECサイトの運営も支援も「ひとり運営」×「Shopify」に特化しております。そんな中、本日は「ひとり運営のSNS活用方法」について書いていきたいと思います。キーワードは「接客のためのSNS」です。

SNSは接客ツール 1,000回の機会から100人が購入する世界を目指そう

 いまだにSNSを運営する議論の中で、「フォロワー数」や「バズるためにどうするか?」のような議論が多くあります。もちろん、それも大事ですが、実はもっと売上に直結する方法があります。

 それは、接客としてSNSを活用することです。新規のお客様ばかりに目を向けるのでなく、既存のお客様へ接客をするためのツールとして、SNSを活用する視点がたいへん重要になります。

 ここで言う既存のお客様は、次のような方を指します。

  • すでに商品を購入してくれてる人
  • 商品の購入はまだしていないが、興味をもっている人

 インターネット広告は、黎明期よりすさまじいスピードで成長を遂げてきました。この理由のひとつに、数値的な検証ができる点が挙げられるでしょう。多くの事業者が「数字を用いた検証」を大事にしています。

 もちろん、数字を見ることは重要なのですが、個人的には「感覚が麻痺しているのではないか?」と思う節があります。なぜなら、統計論ばかりを気にし、ブランドの想いを発信できていない商品メーカーが増えているように感じるからです。

 ECでのCVRは、おおよそ1~3%程度と言われています。この数字に則ると、1万人にターゲットして100~300人に購入してもらう計算になりますが、当記事では「SNSを活用することで1,000回の機会にターゲットし、100人に買ってもらえる仕組みを作ろう」ということをお伝えしたいです。

 とくにひとり運営の場合、人的にも金銭的にもリソースが限られているため、リピーターを増やすことは欠かせません。また、リピーターの方に「クチコミを広めてくれる人」になってもらう必要もあります。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ひとりでも始められるEC運営術

2020年08月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5