SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ひとりでも始められるEC運営術

押し売りせずに売上アップ ひとりEC運用でもできる効率的な広告運用を考えよう

 EC運営担当者は、ひとりもしくは少人数で数多くの業務を回していることも多いはず。できるだけ無駄な業務を省き、効率化をしたいと思っても、日々の業務に忙殺される中ではなかなか業務を仕分けする時間すら取れない……とお悩みの方も多いのでは?この連載では、ひとりでEC運用を行う三浦卓也さんが自身の経験を踏まえた効率的なECサイト運営方法と、売上アップの秘訣をお伝えします。第2回のテーマは、「広告運用」です。

 ECzine読者のみなさま、バターコーヒーのお店「ミウラタクヤ商店」を運営しつつ、Shopifyに特化したコンサルティングもしている三浦です。先日、Shopify公式の教育パートナーに認定されました。手前味噌な話ですが日本第1号になります。世界では21番目のShopify認定の教育パートナーです。

 さて、前回の記事に引き続き「ひとりEC運用」の観点からノウハウをご紹介します。今回のテーマは、「ひとりECの広告運用」です。

広告は「接客」ととらえるべし

 ひとりEC運用は規模が小さいので「広告予算が少ない」という課題に直面している方も多いでしょう。ですから、費用対効果にシビアにならなければなりません。そしてリピーターがとても大事です。

 しかし、CPAやROAS(Return On Advertising Spend:広告の費用対効果)だけの指標に縛られると、たとえばスペックを強調し期待値を上げすぎてしまうなど、お客様との関係値に歪みが生まれてしまうこともしばしばあります。

 しかし、実は広告運用の仕方で

  • リピート率を高める
  • LTVを上げる
  • エンゲージメントを高める

 ことが可能です。そのくらい、広告の影響力は大きいです。そこで僕が大事にしている視点は、「広告も接客のひとつである」ということ。

  • ストレスのない購買フローを設計できてるか
  • お客様が忘れてるときにお声がけできてるか
  • 商品について新しい提案ができているか
  • 然るべきお客様全員に告知ができてるか

 今回は、こうした課題について言及していきます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
押し売りをやめればリピーターは増える 広告に対する認識を改めよう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ひとりでも始められるEC運営術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

Shopify認定教育パートナー日本第一号/ミウラタクヤ商店 三浦卓也(ミウラタクヤ)

 バターコーヒーのお店「ミウラタクヤ商店」の店主。「ひとりのEC運営でどれだけ成長できるか?」にこだわりお店を運営。EC運営において一番大事にしてるのは「お客様への接客」。広告・SNS運用が得意。 2019年Shopifyに出会い導入開始し、半年間で売上250%成長を達成。Shopifyの圧倒的な機能性の高...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/8231 2020/09/11 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング