SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ひとりでも始められるEC運営術

CPA高騰時代の顧客アプローチ法は?広告に頼らず限られたリソースで選ばれる店になるためのチャネル活用

 EC運営担当者は、ひとりもしくは少人数で数多くの業務を回していることも多いはず。できるだけ無駄な業務を省き、効率化をしたいと思っても、日々の業務に忙殺される中ではなかなか業務を仕分けする時間すら取れない……とお悩みの方も多いのでは?この連載では、ひとりでEC運用を行う三浦卓也さんが自身の経験を踏まえた効率的なECサイト運営方法と、売上アップの秘訣をお伝えします。第8回のテーマは、「広告コストが高騰する時代の適切な施策展開」についてです。

「広告の費用対効果が下がってきた」 この課題に対する答えは?

 こんにちは。健康食品のネットショップ「ミウラタクヤ商店」を運営しつつ、「EC家庭教師」というECサイトのコンサルティングサービスを提供している三浦卓也と申します。

 突然ですが、最近「広告の費用対効果が悪化してきた」と感じることはありませんか? 実際に僕の周りでは、耳にする機会が増えてきています。「以前に比べて、投資した金額に対するリターンが少ない」「新規顧客から1件の注文を獲得するためのコストが高騰してきた」と肌で感じている方には、ぜひこの記事を読んでいただきたいです。

 僕自身、ネットショップを運営しながらすべての広告を自分で回していますが、運用のクオリティに差が出ていないにもかかわらず、広告の費用対効果がこの2年ほどで如実に落ちていることを感じています。理由は、SNSの発達(チャネルの増加)やユーザーリテラシーの向上(情報の選別ができるようになった)など、さまざまだと思われますが、以前より費用対効果を上げるハードルが高くなっていることは、EC家庭教師で事業者のコンサルティングを行っていても実感します。

 もちろんすべての事業者がうまくいっていないわけではありませんが、「過去に類を見ないほど新規顧客の獲得が難しい」のが実情です。同様の意見を10年以上EC業界に携わる方から聞くこともあります。広告を回しても、新規顧客から注文を獲得することは容易ではない。これが、今のEC業界の実情と言えるでしょう。

 前出のように、ミウラタクヤ商店もご多分に洩れず、広告費用対効果が悪くなっています。2022年のミウラタクヤ商店のMeta広告は、CPAが30%ほど悪化したケースもあるほどです。これに対し、僕はどうにか赤字を出さない広告運用をしなければならないと考え、さまざまな打ち手を検証してきました。今回は、あらゆる手を講じてきた中で「現時点ではこの方向性が正解かも」と手応えを得ることができた方法論を、できるだけ具体例を出しながらお伝えします。「あくまでミウラタクヤ商店の成功例」なので、どのECサイトにも合致するとはかぎりませんが、現代のインターネット広告やEC業界で生き抜く中での考えかたとしては、間違っていないと思います。ぜひお読みいただければと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
既存顧客からご縁を広げると、回り回って新規顧客増につながる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ひとりでも始められるEC運営術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ミウラタクヤ商店 三浦卓也(ミウラタクヤ)

 バターコーヒーのお店「ミウラタクヤ商店」の店主。「ひとりのEC運営でどれだけ成長できるか?」にこだわりお店を運営。EC運営において一番大事にしてるのは「お客様への接客」。広告・SNS運用が得意。 2019年Shopifyに出会い導入開始し、半年間で売上250%成長を達成。Shopifyの圧倒的な機能性の高...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/12154 2022/12/26 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング