SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ひとりでも始められるEC運営術

メルマガ配信×LINE接客でリピート率・LTV向上へ 開封されるメールの件名に共通する3つの要素

 EC運営担当者は、ひとりもしくは少人数で数多くの業務を回していることも多いはず。できるだけ無駄な業務を省き、効率化をしたいと思っても、日々の業務に忙殺される中ではなかなか業務を仕分けする時間すら取れない……とお悩みの方も多いのでは?この連載では、ひとりでEC運用を行う三浦卓也さんが自身の経験を踏まえた効率的なECサイト運営方法と、売上アップの秘訣をお伝えします。第6回のテーマは、「メルマガ活用」です。

「誰から買うか」が重視される時代へ ウェットなコミュニケーションを意識しよう

 ミウラタクヤ商店の店主、もといShopify教育パートナーの三浦卓也です。最近書籍『ひとりEC 個人でも売上を大きく伸ばせるネットショップ運営術』(インプレス)を出版しました。これからもひとりEC運営についてのノウハウ発信ができればと思います。

 唐突ですが、ミウラタクヤ商店の月商のうち、リピーターのお客様が占める割合は60~70%です。また、累計5万円以上の買い物をしてくれた方は、数百人以上いらっしゃいます。

 自分で言うのも何ですが、多くのお客様にリピート注文をいただいており、継続的に何十回も購入し、ご愛顧してくださる常連さんが多くいるブランドだと思っています(付き合いの長いお客様の中には、ミウラタクヤ商店の立ち上げから4年ほど購入し続けてくれている方もいます)。

 昨今のウェブ広告業界では、新規顧客の獲得コストが激しく高騰しています。そのため、お客様の1年間の注文金額やLTV向上のための議論が増えているのが実情です。今回は、現代のEC運営で利益を出す上で欠かせない「リピート率」と「LTV」の向上について、「お客様にリピーター(常連さん)となっていただくにはどうしたら良いか」という点を中心に、ミウラタクヤ商店の経験を交えながら解説をしてまいります。

 まず、常連さんを増やすために僕が「絶対にやるべき」と考えるふたつの打ち手があります。それは「最低週2~3のメルマガ」と「LINE接客」です。僕は「EC家庭教師」という名で他社のEC運営のお手伝いを行い、さまざまなアドバイスと検証を繰り返してますが、このふたつはすべてのお客様に必ず提案しています。

 ECサイトは「ものを売る仕組み」としては非常に高い利便性を誇っていますが、ECサイトが有象無象に増えた現代においては、「ものを売るだけではお客様はリピーターになってくれない」と強く感じています。オンラインの売場にあらゆるものが並べられている今、お客様の購買動機も「何を買うか?」から「誰から買うか?」にシフトしつつある状況です。単にものを提供するだけの質素なコミュニケーションでは、仮に商品の良さや値段に惹かれて単発購入してもらえたとしても、リピート購入にはつながりません。

 だからこそ僕は、お客様と関係を作るために「ウェットなコミュニケーション」を取ることを提案しています。それを実現するために必要なのが、メルマガ(発信)とLINE接客(交流)です。

 メルマガを使ってお客様に役立つ情報を発信して、その発信を受けて寄せられたお客様からの問い合わせに、LINE接客でしっかりと対応する。これを繰り返すことで、お客様の中にお店に対する「信用」が生まれます。お客様からの信用──これは、リピート率の向上に不可欠です。「このお店で買い物して大丈夫かな?」から「ここで買い物をすれば安心だ」と思ってもらえるようになる。これがリピート率を上げるために必要な考えかたです。

ちなみに、ミウラタクヤ商店では週5回メルマガ配信を行っており、文章の末尾に「三浦に質問あればLINEしてね」といった旨を必ず追記するようにしています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
お客様の役に立ち、「信じて頼られる」存在を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ひとりでも始められるEC運営術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

Shopify認定教育パートナー日本第一号/ミウラタクヤ商店 三浦卓也(ミウラタクヤ)

 バターコーヒーのお店「ミウラタクヤ商店」の店主。「ひとりのEC運営でどれだけ成長できるか?」にこだわりお店を運営。EC運営において一番大事にしてるのは「お客様への接客」。広告・SNS運用が得意。 2019年Shopifyに出会い導入開始し、半年間で売上250%成長を達成。Shopifyの圧倒的な機能性の高...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11134 2022/03/30 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング