SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ひとりでも始められるEC運営術

そのこだわり、売上アップにつながっていますか?EC事業者が今こそ向き合いたいコピーとデザインの関係性

 EC運営担当者は、ひとりもしくは少人数で数多くの業務を回していることも多いはず。できるだけ無駄な業務を省き、効率化をしたいと思っても、日々の業務に忙殺される中ではなかなか業務を仕分けする時間すら取れない……とお悩みの方も多いのでは?この連載では、ひとりでEC運用を行う三浦卓也さんが自身の経験を踏まえた効率的なECサイト運営方法と、売上アップの秘訣をお伝えします。第7回のテーマは、「顧客コミュニケーションにおけるテキストとデザインの優先順位」です。

売上を伸ばす上で必須な「存在を知ってもらう活動」

 ミウラタクヤ商店の店主、そしてShopify教育パートナーの三浦卓也です。今回は「ECサイトで売上を立てるには、言葉選びと見映えどちらが大事か」についてお伝えしようと思います。

 僕の結論は、「言葉選びが圧倒的に大事」です。その理由について、本記事を通して噛み砕いて説明しますので、よかったら最後までお付き合いください。

 もちろん商材により、「写真の美しさ」や「テンションを上げる見ため」が重要なケースもあります。そのため「これが絶対」と一概には言えませんが、僕は今回の記事で「『その見映えへのこだわりって売上に直結している?』という問いかけを日々していますか?」と問いかけ、皆さんに考えていただきたいと思っています。

 ECサイト構築時に、よく「1cm単位でバナーの掲載位置を調整する」などデザインへのこだわりがすぎる担当者を見かけます。もちろんデザインにこだわることは悪いことではありません。お客様との大事な接点なので、こだわりを持つことは大切です。

 しかし、こうしたシーンに出くわすたびに、その小さなこだわりを実現するために開発や制作、コーティングにどの程度の工数がかかっていて、かけた工数に対してどの程度の売上を上げることができているのだろうか。そして、コストパフォーマンスはどの程度のものなのか考えているのだろうか、と感じてしまいます。

 また、ECサイトの売上がまだ少ない中で

  • LP一体型フォームを構築したい
  • 複雑なポイントシステムを作りたい
  • 夢が詰まったデザインでサイトを作りたい

 といったような仕組みにこだわりたがる方を見受けますが、第4回の記事でもお伝えしたように、EC運営で売上を伸ばすために必要なのは接客などの地道な「営業活動」です。いくら仕組みにこだわっても、それだけで売上は上がりません。とくにスタート段階では、「声を出して自分たちの存在を知ってもらう」というアクションがもっとも大事です。

 たとえば、ECサイト構築に200万円を払っても、すぐさま200万円の売上が生まれて元を取れるわけではありません。ECサイトをオープンして営業を行い、お客様の認知を獲得して購入いただいた上で初めて200万円の売上が上がる可能性が出てきます。だからこそ、ECサイトの運営をスタートした際に大事なのは「集客」であり、「営業活動」です。

 ECサイトのデザインや仕組みに必要以上にこだわることは、リアル店舗に置き換えると「店内でお客様が来るのをずっと待ちながら、レイアウトや内装に微調整を加え続けている状態」と同じです。リアル店舗で売上を上げたい場合は、チラシを配りに行く、店舗の前を通りがかった人に声をかけるなど店内に入ってもらえるようにアクションを起こすでしょう。ECサイトでもそれは同じで、「お客様に来てもらうための活動」は不可欠です。

 ただし、単純に「チラシを配るように広告を配信していれば良い」というわけではありません。売上向上の鍵となるのは、「お客様に来てもらうために、細やかかつ効率的な営業の手数を増やすこと」です。こうして営業効率を上げることができるかどうかで、売上に大きな差が出てきます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
売れるクリエイティブにたどり着くためのアクションとは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ひとりでも始められるEC運営術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

Shopify認定教育パートナー日本第一号/ミウラタクヤ商店 三浦卓也(ミウラタクヤ)

 バターコーヒーのお店「ミウラタクヤ商店」の店主。「ひとりのEC運営でどれだけ成長できるか?」にこだわりお店を運営。EC運営において一番大事にしてるのは「お客様への接客」。広告・SNS運用が得意。 2019年Shopifyに出会い導入開始し、半年間で売上250%成長を達成。Shopifyの圧倒的な機能性の高...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11532 2022/08/24 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング