SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

どこまでもロジカルに EC・通販事業の全貌を徹底究明

製品の正しい実力と評価を引き出す「製品に合わせたコミュニケーション」のコツ

「放っておいても理解してくれる人はあまりいない」を前提に
広告からCRMまで丁寧な誘導を

 以上、いくつか広告・販促における表現の「型」を紹介しました。これらは、無駄なく効率的に成功へと導くためには非常に有用です。しかし、型を利用し、その恩恵を受けるにあたって、忘れてはならないポイントがふたつあります。

 ひとつめは、その型が自社の商材にも当てはまるものであるか。ふたつめが、利用した結果得ようとする、製品への期待値コントロールが適切であるか。それらを理解したうえで、一度しっかり考えてみることが大事です。

 前者は、「型」という以上、他の事例でも結果を出してはいるはずですが、やはり商材やオファーの性格によって相性の良し悪しはあります。成功事例とされるケースの詳細をふまえて、ベンチマークの商材と自社の商材での比較を行い、適用できそうかどうかを事業者自身が一度検討してみることをおすすめします。

 後者は、広告・販促のコミュニケーションによって、顧客の興味関心、購買意欲を喚起するとしても、それはあくまでも製品力と等身大の魅力までに留めるべきである、ということです。商材の魅力をわかりやすくスピーディーに伝える方向性においてはどこまでも工夫をこらせばよいのですが、期待値レベルを高める、いわゆる「煽る」方向性は、事業者自身に利用範囲の自覚が求められます。製品力以上の魅力喚起をするために用いるものではない、ということです。

 この根幹を見失って、目先の指標であるCPAやCPR、CPOのみを追い求め、活用したと思しきケースを見かけることがあります。広告により新規獲得KPIは達成されているのかもしれませんが、それでは結局、顧客の事前期待を満たせずに終わります。リピート利用が十分に生まれずに、当初想定していた事業収益化の見通しが立たないと、後になってから悩まされることになります。

 さらに悪いケースになれば、離反された顧客から、ネガティブツイートを引き起こすようなことにもなりかねません。この点は、パートナーの提案をそのまま受け入れてしまう前に、事業主がしっかりと事業全体を俯瞰し、冷静かつ客観的に見極めたうえで採用の判断をするようにしましょう。(ダイエット商材などの、単発売り切り型のビジネスを志向されている場合を除きます)

 詰まるところ、客観的に製品力を見極め、手に取ってもらえる人々にはその製品力を100%引き出してもらえるような誘導を設計していくことが大事である、ということです。その際、放っておいても理解してくれる人はあまりいないという前提に立って、広告からCRMまでを連携して丁寧な誘導を心がけましょう(詳細はこの後の連載で述べていきます)。やりすぎは禁物です。最適な手法と最適なレベル感を保てているか、細心の注意を払いましょう。特に「型」を活用する場合には、一層の注意が必要です。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
どこまでもロジカルに EC・通販事業の全貌を徹底究明連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社プランクトンR 取締役 通販支援事業部長 川部 篤史(カワベ アツシ)

株式会社プランクトンR 取締役 通販支援事業部長 川部 篤史。事業全体を俯瞰しつつ、豊富な知見に裏打ちされた、EC/通販事業での事業構築&製品マーケティング戦略立案・実行を得意とする。AI/オートメーションの活用や、中国越境ECにも明るい。現歴以前は、株式会社JIMOSで通販支援事業部長及びホールセ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/5970 2018/09/06 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング