SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2018 Spring レポート(PR)

決済の利便性向上だけじゃない!? 新規会員の獲得も期待できるAmazon Pay

GMOメイクショップのサービスを活用してLTV向上にも取り組む

井野川  今回のECzine DayのテーマでもあるLTVへのお取り組みについてお聞かせください。

村尾(Lafayette)  新規のお客様がいかにリピートしてくださるかを常に重視しています。その点についてはGMOメイクショップさんのサービスが充実しているので、かなり助けられてます。

河津(メイクショップ)  Lafayette様には弊社の「MakeRepeater(メイクリピーター)」というツールをご利用いただいています。顧客セグメントやターゲットごとにメール配信などが行えるツールで、LTVの向上を図るうえで非常に有効にお使いいただいていると思います。

GMOメイクショップ株式会社 マーケティング部 MakeShop課 マーケティングチーム 河津直貴氏
GMOメイクショップ株式会社 マーケティング部 MakeShop課 マーケティングチーム 河津直貴氏

井野川 やはり新規顧客の獲得とともに、リテンションやLTV向上にも注力されているのですね。ところで、Amazon Pay導入にあたって苦労されたことはありましたか?

河津(メイクショップ)  プロバイダーの立場から申し上げると、Amazon Payの導入は簡単でした。設定の手間が少なく、弊社のカスタマーサポート担当からも、導入されているお客様からクレームを受けたことはないと聞いています。

村尾(Lafayette)  導入事業者側としても、とても簡単にAmazon Payを導入することができたという印象です。

河津(メイクショップ)  導入事業者様の準備が整っていれば、お申し込みから1週間ほどでAmazon Payをご利用いただけるようになると思います。

井野川  運用の手間や費用についてはいかがでしょう。

村尾(Lafayette)  手間はほとんどないですね。決済手数料も、クレジットカード決済を導入している事業者様ならおわかりになると思いますが、その手数料とほとんど変わりません。

井野川  クレジットカードの手数料を含めて、物販では4%、デジタルコンテンツだと4.5%の手数料を頂戴しています。EC事業者の皆様には、Amazon Payを決済手段だけではなく、新規会員獲得などのマーケティング効果も期待できるサービスとして捉えていただけるとありがたいです(参照リンク:Amazon Pay 手数料について)。

購入体験として「感動」を!今後の抱負を聞く

井野川  最後にお二方それぞれから、今後の展開・抱負などをお聞かせください。

村尾(Lafayette)  ECを取り巻く環境は年々変化していますが、いつの時代も変わらず、お客様には購入体験として常に「感動」をお届けできるように努力していきたいと思います。

河津(メイクショップ)  弊社は「ECで商売している方を徹底的に支援していく」というのがモットーです。今後はその領域を広げ、より総合的に支援できるようにしていきたいと考えています。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzine Day 2018 Spring レポート連載記事一覧
この記事の著者

萩原 敬生(ハギワラ タカオ)

ライター。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/5572 2021/09/13 12:04

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング