記事種別

カインズオンラインショップの「実店舗でのお買い物のような楽しさ」は、裏で支える不正検知サービスあってこそ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/10/16 08:00

「よりどり○個」「お宝市」など、実店舗でのお買い物のような楽しさを提供することで、売上を拡大するカインズオンラインショップ。しかし、高額商品がオトクに買えることもあり、不正注文が増加。『不正注文検知サービス O-PLUX』の採用に至りました。

実店舗のような楽しさをECで、カインズオンラインショップ

 カインズは、ご存じホームセンター「カインズホーム」を運営する企業で、2015年で創業26年を迎えた。日用品からオフィス用品、建築資材までを販売しており、2008年から始まったオンラインショップでも同様の品を揃える。ポイント連携、QRコードで購入する仕組みや、カインズブランドではない新ブランドのセレクトショップ、シニア向け「たすかる便」など、実店舗と連携した取り組みにも積極的だ。

http://www.cainz.com/shop/

 現在、カインズオンラインショップを担当するのはeコマース事業部 Web企画部 部長の竹永靖さん。アプリやコーポレートサイト、そしてオムニチャネルも、竹永さんの担当下にある。

 「私が入社したのが2010年の夏で、当時オンラインショップの売上は年商1億円くらいでした。それから5年間の間に、3回、ECのプラットフォームを乗り換えています。サイクルが短いと思われるかもしれませんが、以前の型にはまったECに比べて、今はいろいろなやりかたがあり、ブームにも流行り廃りがあるので、それに合わせて乗り換えていかざるをえないんです。

 加えて、売上が数倍に伸びてきたので、売上規模に合わせて変えたというのもあります。直近で、一番最後のリニューアルは、2014年の4月です。その際に、決済方法を従来の『クレジットカード』『銀行前払い』『コンビニ前払い』『代金引換』を導入し、その後、『店舗での現金払い』を追加し、さらに2015年に『後払い決済』を加え、『不正注文検知サービス O-PLUX』も導入しています」

株式会社カインズ eコマース事業部 Web企画部 部長 竹永靖さん

 オンラインショップが始まって7年、竹永さんが入社して5年。このタイミングで、不正注文検知サービスを導入することになった理由とは。

 「2013年あたりから、急にクレジットカードの不正利用が増え始めました。不正利用者に、『このサイトは不正ができる』と認識されると、集中的にやられてしまいますから、その対策です。不正利用が増えたのは、実店舗と同じような買いかたができるようになってからが顕著ですね。

 数個買っていただくと1個あたりの単価が安くなる『よりどり○個でいくら』というサービスや、年に4回、家電や電気工具のような数万円の商品を安売りする『お宝市』を、ECでも始めたところ、流入が急激に増え、不正も目立つようになってきました。

 それまでも、対策していなかったわけではないのですが、人間が目視でチェックしていたので、限界がありました。そんな時に、金融機関から『不正注文検知サービス O-PLUX』を紹介されました。

 リニューアル前には、3Dセキュアを導入していたこともあったのですが、カゴ落ちも出ますし、パスワード忘れの問い合わせ等が増えますよね。それに、このスマホ時代、小さな画面での二段階認証はハードルが高すぎるでしょう。

 ほかにも不正注文を防ぐサービスをいろいろと調べていたのですが、かっこ社のご担当者が、『うちはオンリーワンです』と自信を持って言われたので、話を聞いてみることにしたんです」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:『不正注文検知サービス O-PLUX』導入事例

2014年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5