SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

村山らむねが聞く「越境EC、成功する二人三脚」

年間43万人の外国人旅行客が殺到!「チラシ」でリピートを促進する多慶屋×tensoの越境EC施策


外国人観光客が日本で“爆買い”していくモノとは

村山らむね  ここからは、外国人観光客の方にどういったものが売れているかお伺いしていきたいと思います。ずばり、人気商品とは?

吉田(多慶屋) 国によって異なりますが、単品で3,000円~4,000円くらいの美白化粧品はどの国の方にも人気です。化粧品は、以前は「レディス館」の2、3階だけで取り扱っていたのですが、今年から、家電を販売する「A館」の7階でも取り扱いを始めました。旅行客の方は時間が限られているので、いくつもの建物を回って吟味する余裕がないんです。

株式会社多慶屋 ネット通販部 係長 吉田諒さん

村山らむね  なるほど、化粧品と家電が一緒に購入できるようになったわけですね。家電はどういった商品が人気ですか?

吉田(多慶屋) いまだに炊飯器が人気で、ステンレスボトルも欠品が続きます。よく言われるように、セラミック包丁もよく売れていて、鉄板商品がよく動きますね。家電は、とくに中国の方がよく買われるので、必然的に客単価が高めになります。

村山らむね  化粧品と家電のほか、日本の薬も人気だと聞きます。

吉田(多慶屋) 火傷の薬や冷却シート、虫さされの痒み止めが人気ですね。動きが目立つ商品はそんな具合で、求められる商品は、お客様によって異なるというのが実態です。というのも、天気の悪い日に観光を切り替えてお買い物にいらっしゃるお客様、どこか名所に寄った帰りに短時間で大量に買っていかれるお客様、スマホの画面を示して「これをください」とおっしゃるお客様など、ひとくちに外国人旅行客と言っても、さまざまな方がいらっしゃいますから。

国内ECと越境EC 多慶屋はなぜプラットフォームを分けたのか

村山らむね  実店舗のスペースに限りがある、国やお客様によってニーズが異なる、そもそも旅行で時間がないなど、越境ECの必要性が高まっていることがわかります。まずは比較するために教えていただきたいのですが、多慶屋さんの国内ECの年間売上高はどれくらいですか?

西行(多慶屋) 楽天市場をメインにYahoo!ショッピングと自社サイトを運営していて、年間売上は申し上げられませんが、数値目標としては昨年対比約2倍の180%で予算組みをしています。楽天市場は楽天さんが創業された翌年の98年から出店しているので、もう16年のお付き合いになります。国内でも、売上の構成比でいちばん多いジャンルは家電ですね。

村山らむね  チラシに掲載されている「Buyee」のショップは、tensoさんとYahoo!ショッピングさんが協力して運営されていますよね。越境ECのために、このサービスを選ばれた理由を教えていただけますか?

Buyee内「多慶屋オンラインショップ」専用ページ。
通常はBuyee内にさまざまなショップの商品が並列に並ぶが、多慶屋には専用ページが用意された

西行(多慶屋) はい。そもそもの目的が、「外国人旅行客のお客様に、買い物をした後、手ぶらで帰っていただきたい」というものでした。何か方法はないかと探していたところ、1年半ほど前に、tensoの浜田さんをご紹介いただいたんです。

 当時はBuyeeのように、ショッピングモールに商品登録をしておけば、必要な情報が自動で翻訳されるといった便利な環境が整っていなかったので、「ああやればできる」「こういうこともできる」と施策を考え、何度もミーティングを重ねさせていただきました。

浜田(tenso) ミーティングを重ねるたびに、手ぶらで帰っていただくだけではなく、「売り」につなげられないかと考えるようになりました。そうするうちにBuyeeのオペレーションも固まり、売上も立ってきたので、多慶屋さんの専用ページを作り、そこへ誘導するチラシを作ってはというご提案を差し上げました。

次のページ
越境EC、大きなハードル「決済」が解決できれば商圏が広がる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
村山らむねが聞く「越境EC、成功する二人三脚」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ワダ スミエ(ワダ スミエ)

2013年11月11日〜2023年3月31日までECzine編集部在籍。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1882 2015/10/28 16:11

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング