記事種別

まるで中国支店のような存在 美容家・山本未奈子開発コスメ「シンプリス」が豌豆公主で中国越境EC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/08/31 08:00

 まだ成功法則が見えない「越境EC」は、EC事業者とそれを支援する事業者の二人三脚が必要です。先進企業の事例に村山らむねさんが迫ります。今回は、美容家・山本未奈子さんが開発したコスメブランド「SIMPLISSE(シンプリス)」と、アプリ「豌豆公主(ワンドウ)」を運営するインアゴーラが登場です。

美容家・山本未奈子開発コスメ「シンプリス」の越境EC

 「SIMPLISSE(シンプリス)」は、美容家・山本未奈子さんが開発したコスメブランドで、メディアにも多数掲載された実績を持つ実力派ブランド。そのシンプリスが唯一、越境ECの販売先として提携しているプラットフォームが、インアゴーラ社が運営する「豌豆公主(ワンドウ)」です。二人三脚の越境EC、なぜこのチームが生まれたのか、通販評論家の村山らむねさんが聞きました。

村山らむね まず、シンプリスさんについておうかがいします。化粧品会社さんとしてはまだ新しいということですが、成り立ちを教えていただけますか。

中村(シンプリス) シンプリスは、2009年にできた美容ブランドです。開発者は、山本未奈子という美容家です。もともと美容が大好きで、国内外問わずいろんな化粧品を使ってみては、もっと美しくなりたいと思っていたのですが、専門知識がなかった。そこで、ご主人の転勤をきっかけにニューヨークに行った際に、美容学校に通いました。そこで学んだことが、それまでの常識を覆す驚きの連続だったそうで、彼女はますますのめり込み、学校を首席で卒業しました。あまりに成績が良かったので、学校側から非常勤でもいいから講師をしてほしいとオファーがありました。

村山 それはすごいですね。

中村 もともとアジア人も少なく、日本人で講師になるというのはとてもめずらしいケースだったようです。そうした、美容のプロを目指す人たちに講師として教えながら、「この知識を日本人女性に伝えたい」という思いがふつふつとわいてきて、帰国し、美容家として活動を始めました。その際に、自身の美容理論を詰め込んで作ったのが、シンプリスという美容ブランドです。2009年7月のスタートでした。

村山 まず国内でのスタートですね。どのような販路で売っていらっしゃったのですか?

中村 スタート時は、オンラインストアのみでした。2009年って、ブログのすごく栄えた時代だったんです。山本は2006年あたりから、美容について学んだことをブログに書いていました。すると、自然発生的に読者がたくさんついてきまして、いざ化粧品を出すとなると、すごく自然にオンラインストアに誘導できたんですよね。

MNC New York株式会社 シンプリス マネージャー サプリメント管理士 中村千春さん

村山 すばらしいですね。ブログでの売りかたのお手本のような。

中村 今日はこれから越境ECのお話になると思いますが、オンラインストアのみの販売で、手にとることができない化粧品の良さを、どう伝えていくかになりますよね。よくわからないものを、顔に塗ることはできませんから。ですから日々、開発者である山本自身が、切々と思いをブログに書いていったということになります。

村山 最初からECに本気だったということですね。別のチャネルがあって、じゃあECでもやろうかではなく、メインの舞台としてECだと考えていらしたわけですね。現在の比率はどれくらいですか?

中村 百貨店さんやセレクトショップさんなどの卸先もありますが、9割以上はオンラインでの売上です。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:村山らむねが聞く「越境EC、成功する二人三脚」

もっと読む

2017年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5