SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

大変だからやれたら強い 1,700万いいね!「トーキョーオタクモード」が挑む越境メディアコマース


越境ECは大変だけど、やれたら強い チャンスはある

――コマースへの挑戦が、まず越境ECからというハードルの高さですけど、ノウハウ等は?

 「やりながら学んでいきました。最初は感覚がわからなくて、たとえば『1ヵ月前に頼んだ商品がまだ来ないんですけど』という連絡があったときに、届くのが遅くて怒ってらっしゃるんだと思い込み、『申し訳ありません、すぐに出荷します!』といった対応をとったんですが、海外のユーザーさんが求めているのは、そういうことじゃない。まず、日本のように、商品が予定通りに届くことのほうがめずらしくて、そこは期待していないんですね。ですので、到着が遅いことに怒っているわけではなく、ステイタスが知りたいそうなんです。

 つまり、注文したことがEC事業者にきちんと伝わっていて、それが発送されたのか、自国の港についているのかいないのか、今どこにあるかが知りたいということ。そこでユーザーページにそれがわかる機能をつけると、クレームが減ったとかですね。文化が違うなと感じます。

 海外への販売は、やっぱり大変です。英語ができるカスタマーサポートの採用や、日本ではあり得ない強度の梱包材が必要だとか。だから皆さん、やらないんですよね。逆に言うと、やれたらすごい強みになる。自社では大変だからやれないけど、『TOM』に頼めば海外でも販売できて、ビジネスチャンスが広がるというニーズはあると思います」

――これからもまだ、日本のモノが海外で売れる、越境ECに可能性はあるでしょうか。

 「売れると思います。先日、フランス人の方で日本の弁当箱を海外向けにeコマースで売っている方にお会いしましたけど、ヘルシー志向や節約のために弁当文化が流行っていて、日本の弁当箱はすごい!と人気があるみたいなんですね。その方はそのビジネスを、もう7~8年やってらっしゃるそうです。さらにこれから、2020年の東京オリンピックに向けて、ますます日本に注目が集まりますし、現在は円安も進み、訪日外国人客の数も増えていますから、チャンスはあると思います」

――今後の御社の展望を教えてください。

 「まず、ECサイトとしてより洗練されたものにするために開発に力を入れていきたいと考えています。ユーザーの属性や履歴などによってトップページが変わるような、パーソナライズやレコメンデーション機能、UI/UXなど含め、より進化させていきたいですね。

 それから、英語以外の言語にも対応していこうと思っています。海外のユーザーも、全員が英語が得意なわけではないので、僕らが海外のECサイトで買う時と同じような不安を覚えていると思うんですよね。決済や規約のページは自国の言葉で読めるようにして、なるべく購入のハードルを下げたい。

 会社としては、このたびの資金調達で得たお金をどう有効につかっていくかを考えています」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1651 2022/06/29 14:16

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング