SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

大変だからやれたら強い 1,700万いいね!「トーキョーオタクモード」が挑む越境メディアコマース


海外のユーザーの反応を見ながら、求められる情報を発信した

――まず、Facebookページで1,700万いいね!超えというのが真似できないと思いますが、海外向けメディアとして成功した秘訣を教えてください。

Tokyo Otaku Mode News

 「Facebookで始めたタイミングがよかったと思っています。僕らが始めた2011年頃を境に、日本やアジア地域で、Facebookユーザーが増えていったんです。国内の企業さんの多くは、ある程度ユーザーが増えたところで、日本のユーザー向けに日本語の情報を発信する、というふうにやっていったと思うんですが、僕らはそれより早く始めていて、しかも、日本から海外向けに英語で情報発信をしていたので、同じようなことをやっているところが他になかったんです。

 その頃は、海外のユーザーさんたちが、日本のアニメのファンページを自分たちで作り、運営していました。『ドラゴンボール』や『ナルト』などの人気アニメのページや、そうした人気アニメのキャラクターごとのページなど、そういったファンページがたくさんあったんです。ニーズは確実にある、と思いました。彼らにとって『TOM』は、はじめはなんだかよくわからなかったけど、どうも、自分たちが知りたい情報を英語で発信しているページらしい、と認識してくれるようになった。そして、はじめは『ドラゴンボール』が好きだったんだけど、『TOM』で流れてくる別のアニメの情報もおもしろいね、というふうに広がっていったんだと思います。

 それから、発信する情報ですね。海外にもいわゆる『オタク』な人たちがいて、感度高く日本のコアな情報を求めているんですけど、実は、もう少しライトな情報で満足している人たちもたくさんいます。だから、日本のオタク向けの情報をそのまま翻訳して発信すると、マニアックすぎるのかもしれない。

 そもそも創業メンバーは、むしろオタクと言えないような人たちが集まっていたので、『この萌え系のコンテンツはすごく素晴らしいから、海外に伝えたいんだ』というような偏ったこだわりはなかったんです。海外のユーザーの反応を見て、出すコンテンツを変えていったのが成功の秘訣かもしれません。もし、創業メンバーに1人でもすごく詳しいオタクがいて、自分たちが出したいコンテンツだけを発信し続けていたら、ここまでこられていたか……。

 日本のアニメやマンガは人気がありますが、海外のユーザーはそもそも『オタク』という言葉を知らない。言葉自体に先入観がないのであれば、ファッションや日本独自の文化もアリになってくる。日本人的な『オタク』でとらえると、『TOM』はオタクじゃないって言われるかもしれない」

Tokyo Otaku Mode Best Sellers
フィギュアだけでなく、かわいいぬいぐるみなども売れている

――メディアとしてすでにファンがついている「TOM」で販売したい、という声はメーカー等から寄せられていますか?

 「そうですね。実際にどういったユーザーが購入してくれているのか、海外では何が流行っているのかといったことに、すごく関心をお持ちです。一方で、そもそも日本での販売が大前提で、海外での販売について契約が結ばれていなかったり、先方の社内調整に時間がかかったりといったハードルもいくつかありますので、売りたいものがすべて売れるような状況とは言い難いです。それに関しては、僕らがきちんと『海外でも売れる』という実績を作っていく必要があると考えています」

次のページ
越境ECは大変だけど、やれたら強い チャンスはある

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1651 2022/06/29 14:16

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング