記事種別

アプリは使われなければ意味がない 関係構築に必要な機能を考えよう

定点観測07 アプリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。ヤプリの金子さんに、アプリについて聞きました。 ※本記事は、2021年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.16』に掲載したものです。

アプリで顧客体験向上 まずは足元固めから

 新型コロナウイルス感染症の拡大に後押しされ、2020年は企業のDX推進が加速した。主戦場を実店舗からデジタルへと移行する企業が増えるとともに、ヤプリがアプリプラットフォーム「Yappli」内で提供する機能「ECコネクト」や「ECコネクトLite」への引き合いも増加している。

 プログラミング不要で開発や運用、分析までを包括するYappliで活用できる両機能は、商品情報とAPIを連携させることで、商品一覧ページと商品詳細ページの両方を高速で表示することができるもの。2020年12月に提供開始したECコネクトLiteは、広告配信などに利用される商品データを利活用することで容易に商品一覧ページを高速化できる機能となっている。

「両機能の引き合いの多さから、各企業のEC投資に対する変化やデジタルシフトへの流れを強く感じています。現在進行系で進んでいる案件も多数あり、新年度には新たな事例もご紹介できる予定です」

 実際にヤプリに相談を寄せる企業は、すでにアプリ運用を行っており、リニューアルを希望するケースが多くを占めていると金子さんは言う。

「コロナ禍をきっかけに、既存アプリの有用性を再検討するフェーズに入った企業・ブランドが多いのでしょう。機能を整理し、顧客がより利用しやすいものにしたいというご要望がほとんどです」

 不要不急の外出自粛要請が長く続き、実店舗から足が遠のく顧客も多い今だからこそ、アプリによる集客やオンラインにおける顧客体験の向上が問われている。コロナ禍以前との大きな変化としては、これまでECに力を入れていなかった企業・ブランドからのアプリ導入に関する相談件数にも表れていると金子さんは続ける。

「しかし、アプリを有効活用するには企業・ブランドの顧客基盤を整えることがまずは必要です。足元を固めるところから始めましょう」

この記事は、紙の定期購読誌『季刊ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.16定点観測

もっと読む

2019年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5