SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.14定点観測

アパレルのモール展開は縦軸を意識 各社のページ改善策には要注目

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。いつも.の高木さんに、モールについて聞きました。 ※本記事は、2020年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.14』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

RPP広告で詳細分析可能に スマホ版向け新機能にも注目

 楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングの直近の動きとしては、ページ改善に関するリリースが多かったと語る高木さん。楽天市場はスマートフォンページ、Amazonはブランドページ、Yahoo!ショッピングはパソコン版のページに変化が見られたとのことだが、順を追って解説しよう。

 楽天市場の大きな変更点としては、スマートフォンサイトのテンプレートが統一化される点が挙げられる。これまでデザイン面で工夫を凝らし、顧客に訴求を行っていたショップの場合、表現の自由度が低下すると感じる人もいるかもしれないが、代わりにショップ内の回遊率向上につながる機能実装が施される予定だと言う。

「商品ページ内に目玉カテゴリーを表示でき、大バナーが上部に表示されるようになります。大バナーにはタイマー機能も実装されており、タイムセールなど期間限定で表示させたいバナーの運用などに便利です」

 テンプレート統一化にともない、カテゴリーページのハンバーガーメニューの遷移先もカテゴリー一覧へと変更が加えられる。取材時点ではまだそのほかの仕様は確定していない状況だが、本誌が発刊される頃には恐らくより詳細が判明しているはずだ。

「従来と比べると制限が増え、売上を伸ばすことが難しくなると悲観的に考える方もいらっしゃるかもしれませんが、できる範囲でどういった工夫をできるかが結果を大きく左右します。掲載している情報が顧客にとって有益なものとなっていれば、来訪し購入してくれる確率を上げることは可能です。タイマー機能など、新たに実装される機能を積極的に活用し、更新性や発信内容の精度を上げていきましょう。

 これまでは技術のあるスタッフがいたり、潤沢な予算を持ち外部のデザイナーなどに発注したりすることができる一部のショップがきれいなショップページを作れる時代でしたが、今回のリニューアルにより全員がフラットになります。これは、中小企業にもチャンスが生まれるということです。顧客目線でどう見られているか、どういった情報が求められているかを考え、それに合った施策を打てば、頭ひとつ抜ける存在となることも夢ではありません。このチャンスを逃さないようにしましょう」

 楽天市場関連のアップデートとしては、RPP広告の管理画面上で7月より開始した新たなデータ提供にも注目だ。獲得できるようになったデータは、新規顧客・既存顧客それぞれの獲得数と、クリックから12時間後・720時間後のコンバージョン数。高木さんは「広告で新規と既存を比較できるのは貴重なので、ぜひ分析に活用してほしい」と語る。後者については、分析できる時間軸が増えたことで単価別の購買動向を適切に見ることが可能だ。

「取得できるデータ量が増え、管理画面の情報量も盛りだくさんになっていますが、広告戦略をより詳細に練ることができるようになったのは良い傾向です。データを見て改善を加えれば、売上をアップすることも可能です。こうしたショップの活動を手助けするアップデートが直近の楽天市場には多く見られました」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
D2C強化のAmazon インフルエンサーの効果可視化にも

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.14定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/8283 2020/11/05 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング