SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.10特集「Change to EC First~売るを変えるとビジネスが変わる~」

誰もがブランドを作れる世界に pickiが描くD2Cアパレルの未来

 作家の世界観を本の形にして世に出す出版社のように、クリエイターの世界観を服の形にして世に出すことを目指すpicki株式会社。誰もがファッションクリエイターになれるD2Cサービスとは。※本記事は、2019年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.10』に掲載したものです。  

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

 SNSのインフルエンサーとコラボレーションして、新たな商品を作り上げるといった流れが起きている。フォロワーの多いインフルエンサーなら、SNS上で発信すれば即完売といったこともめずらしくないようだ。

 そうした状況下で、クリエイティブな発信を続けることで結果インフルエンサーになっているクリエイターがオリジナルのアパレルブランドを立ち上げることができる新たな仕組みが業界の注目を集めている。ファッションD2Cプラットフォーム「picki(ピッキー)」がそれだ。

 同社は2019年5月に総額約6,000万円の資金調達を実施し、注目を浴びた。それも、アパレル企業ではなく、サイバーエージェント・キャピタルなどネット系企業を出資元としている。pickiが描くD2Cアパレルの世界とは。同社CEO 鈴木昭広さんに話を聞いた。

picki株式会社 代表取締役 CEO 鈴木昭広さん

韓国アパレル業界から省みた 日本アパレル業界のコモディティ化

 pickiの仕掛け人である鈴木さんは、母親がアパレル関係の仕事をしていたことから、韓国でアパレルのOEM、ODMを請け負う会社を興した経験を持つ。事業は順調だったが、アベノミクスによる円安の煽りを受け、数千万円の借金を抱えたまま日本へ帰国した。再び同じ業態で起業し借金を完済した経験から「これまでと同じようにアパレル事業をやっていても未来はない」と実感。ビジネスの知見を広げるために1年半をかけて50もの国を周り、シリコンバレーやテルアビブといったIT先進都市の起業家に会いに行った。

「何となくITの分野で事業をしようと考えていたのですが、僕の経歴を伝えると『日本のものづくりは素晴らしい、これからはリアルにITを絡めたビジネスがメインストリームになっていく』と言ってくれる人が多かった。ちょうどアメリカではD2Cの取り組みが流行っていたので事例を調べてみたところ、僕がこれまでやっていたことをアレンジすれば同じことができると思った。そうして日本に戻り、2017年5月にpickiを立ち上げました」

 起業続きに見える鈴木さんの経歴だが、過去に韓国のアパレル企業へ入社し、日本向けに輸出を行っていたこともある。売れるものを作ろうとするあまりコモディティ化する日本アパレル産業の限界を感じ、1年と経たず辞めてしまった。

「韓国の卸問屋が集まる東大門市場は店の入れ替わりが激しいものの、クリエイターが常に新しいものを作って売る循環ができています。日本は人が集まる大型商業施設などに出店しようとすると一定の売上基準を満たしている必要があるので、商品づくりで挑戦ができません。そういうマス的な流れとは真逆の事業をしようと思って会社をつくりました」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。
季刊『ECzine』定期購読はこちら 記事単体購入プランはこちら 記事読み放題プランはこちら

次のページ
アパレルビジネスは製造~物流までできてこそ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.10特集「Change to EC First~売るを変えるとビジネスが変わる~」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡辺 佳奈(ワタナベ カナ)

1991年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を2013年に卒業後、翔泳社に新卒として入社。約5年間Webメディアの広告営業に従事したのち退職。故郷である神戸に戻り、現在はコーヒーショップで働く傍らライターとしても活動する。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/7018 2019/10/15 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング