SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.04 定点観測

注目のライフタイムバリューレポート 新規ユーザー獲得の効率性確認に活用しよう

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。プリンシプル木田さんに、分析について聞きました。※本記事は、2018年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.04』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

2017年、GAに11の主要なアップデート
ユーザー軸で「LTV」も分析可能に

 まず木田さんは、2017年のGoogle Analyticsで行われたアップデートについて紹介。EC事業者側からすれば「もっと、こういう分析ができたらいいのに」という要望もあるだろうが、一方でデファクトのウェブ解析ツールの提供者であるGoogleが提供するサービスであるから、彼らが行ったアップデートを追うことで、分析のトレンドをおさえることができるのではと木田さんは言う。主なアップデートは、以下の11個だ。

2017年GA 主な機能アップデート(★の数で重要度を示した)

  1. 新しいUI(2月)★
  2. データスタジオのレポート数上限が撤廃(2月)★★★★
  3. オプティマイズのベータが取れて正式製品に(3月)★★★★
  4. GAリマーケティングがクロスデバイス対応に(5月)★★
  5. ライフタイムバリューレポート(5月)★★
  6. 新ホーム画面(6月)★
  7. セッションの品質レポート(6月)★★★
  8. 直接セッション(6月)★★★
  9. ユーザー分析機能のローンチ(8月)★
  10. Usage Trend(9月)★
  11. gtag.js (10月)?????

 さらに傾向から5つに分類でき、Google Analytics、そして分析の手法そのものが向かう方向性が読み取れると言う。

GAアップデートつの傾向

  1. 利用しやすさの改善
  2. ユーザーにフォーカス
  3. 機械学習の利用
  4. ほかのプラットフォームとの統合
  5. その他

 「今回の特集テーマである『LTV』について、傾向のふたつ目『ユーザーにフォーカス』と関連しています。従来フォーカスが当たっていたのは、ユーザーよりもセッションでした。理由は、セッションはランディングページやコンバージョンの有無が一意に紐づき分析しやすかったためです。しかし『カスタマージャーニー』分析の重要性が増したことで、Googleもあるユーザーが、どのようにしてサイトを訪れ、初回購入を行い、その後、定常的に購入してくれるようになったか、それともなっていないのかを分析することが重要だと考えるようになりました。その結果として、ユーザー軸での分析のための機能アップデートを行い、メニューにも『ライフタイムバリューレポート』が加わったわけです」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
LTVは金額だけじゃない セッション時間やPVでも算出

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.04 定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/5496 2019/09/11 17:17

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング