SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.21特集「Roads to 2025~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

物質以上の価値を提供 HOPPIN' GARAGEが顧客と拓くビールづくりの新たな可能性

 ビール愛好者のストーリーをものづくりの原点に。マスビジネスにない企業と顧客の関係を実現。 ※本記事は、2022年6月25日刊行の『季刊ECzine vol.21』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

 世の中にものがあふれ、テクノロジー活用で顧客の見える化が進んだ現代。顧客満足度の向上やコアなファンの獲得、LTV向上が企業・ブランドの持続性を大きく左右する中、大手企業が顧客と直接つながる試みが相次いでいる。サッポロビールが2018年より開始した「HOPPIN' GARAGE」も「共創」を軸に顧客と商品を開発して販売する、いわば大量生産・大量消費とは対極にあるビジネスモデルだ。マス向けに愛される商品を多く生み出してきた同社が、なぜ今このようなブランドを立ち上げたのか。ブランド設計時に着目したポイントや顧客交流のありかたについて、新規事業開拓室 マネージャーの土代裕也さんに話を聞いた。

サッポロビール株式会社 新規事業開拓室 マネージャー 土代裕也さん/figcaption>

ビール製造にも多様性と寛容さを

 一般消費者から募ったビールにまつわるストーリーや、斬新なアイディアを基に商品をつくり、開発の過程や顧客からの評価を公開しながら新たなコミュニケーション創出に取り組むHOPPIN' GARAGE。これまでマス市場で勝負し、既存の小売や流通を介して多くの消費者に商品を届けてきたサッポロビールがなぜ今、あえて顧客1人ひとりと向き合おうとしているのだろうか。

「長らく商品開発に携わってきた経験から、ビールを味わう心地良さやそこから生まれる人と人のつながりなど、物質以上の価値を表現したい、ビールづくりの新たな可能性を探りたいと考えました。また、ビールづくりのプロセスに携わりたいと望むコアなファンの声を耳にしながらも、この業界は酒税法に基づく免許制度が存在するため参入が容易ではありません。高い熱量を持つ人々に対し、参画する場を提供することで、商品により多様性や寛容性を持たせることができるのではないか。こうした発想がブランド立ち上げの根底にあります」

 自らが発起人となり、新規事業として社内にHOPPIN' GARAGEの構想を提案した土代さんだが、最初に長い伝統を紡いできた企業ならではの壁にぶつかったと振り返る。

「当社は、140年以上の歴史の中であらゆるプロセスが現在のビジネスモデルに最適化されています。大量生産を前提とした体制の中で小ロットの商品をつくり、ビジネスとして成立する形を見つけ出すのは非常にハードルの高いことでした。しかし、当社はメーカーとして『良いビールを届けたい』という思想を強く持っています。こうした思想とHOPPIN' GARAGEで実現したいことは、決して食い違ってはいないと自負していたので、賛同を得る方法を考えました。

 私は商品開発に携わる前、人事や営業などさまざまな部署を経験してきました。その経験を活かし、現場がどう思うか、どう提案すれば経営サイドに理解してもらえるかを想像した結果、D2Cで商品を届け、顧客と交流する現在の形に行き着いたのです。リスクを抑えながらコストを下げる仕組みづくりには相当苦心しましたが、サッポロビールだからこそ実現できる形を模索しました」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。
季刊『ECzine』定期購読はこちら 記事単体購入プランはこちら 記事読み放題プランはこちら

次のページ
つくる・手に取る 各工程をニュースに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.21特集「Roads to 2025~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

景山 真理(カゲヤマ マリ)

フリーランスのライター。EC店舗、タウン情報誌制作会社、マーケティング支援企業などへの勤務経験を経て、ウェブメディアや雑誌をはじめとする紙媒体のライティングの仕事をしています。専門領域はデジタルマーケティング、コンテンツマーケティング、ECのセールスメルマガ、仕事・働きかた、デジタルトランスフォーメーションです。 ウェブ●Mari Kageyama Writing Works

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/11412 2022/07/22 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング