SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.19定点観測

オムニチャネル・OMO推進が活きる小売企業の情報発信・動画活用とは

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。オムニチャネルコンサルタントの逸見さんに、オムニチャネルについて聞きました。 ※本記事は、2021年12月24日刊行の『季刊ECzine vol.19』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

52週MD・マーケティング×動画連動で新時代の購買体験を作る

 イオン、カメラのキタムラなど、さまざまな企業のオムニチャネルを推進してきた逸見さんは、2021年10月にLoop Now Technologiesとのアドバイザー契約締結を発表した。同社は動画マーケティングプラットフォ ーム「Firework」を提供する企業であり、一見すると従来とは異なる領域への挑戦と見られるが、逸見さんはアメリカの動きを踏まえ、「オムニチャネルOMO推進と動画活用は、切っても切り離せない関係になりつつある」と話す。また、「これはいわゆる専門店を運営する企業に限らず、幅広い商品を取り扱う小売企業(GMS)でも同様」だと続けた。

 「日本では、アパレル企業などが率先して動画やSNSの活用を行っていましたが、商品の網羅性を売りにする小売企業では発信できる情報が多岐にわたるため、運用が難しいと考えられていました。しかし、アメリカではすでにSafewayやJewel-Oscoを展開するAlbertsons Companiesなどで動画活用がスタートしています。こうした企業が使っているのが、Fireworkです」

 従来の小売はレシピ動画サイトに広告出稿するなど、外部のプラットフォームやリソースを活用して自社や取扱商品の宣伝を行ってきた。しかし本来、情報発信をする際には52週MDとマーケティングを連動させる必要があり、自社で発信の場や機会を持つほうがコントロールのしやすさや顧客接点創出の観点から見ても、大きな成果につながるポテンシャルを秘めている。

 また、動画はECでのセレンディピティ創出や店舗で商品選択に迷った際の情報補完といったように、ひとつの情報を複数チャネルに活かすことができるため、 OMOの視点からも非常に有用性が高い。店舗面積が広い、もしくは多層階で売場展開をするGMSは、商品と顧客との出会い創出が欠かせない上、目的の商品の探しやすさといった利便性向上も考えなければならない。動画は双方に寄与する可能性がおおいにあると言える。

 「イオンリテールが『レジゴー』を導入するなど、日本のGMSも商品選択後の利便性を高めようと尽力していますが、これを商品選択時にも拡大できるかどうかが、今後の事業成長を左右します。コロナ禍でYouTubeの平均視聴時間は長くなり、動画を見る習慣が顧客の間にも根づきました。5Gが本格的に活用されるようになれば、その動きはより加速するでしょう。CMの延長線上で動画活用をとらえるのではなく、店頭や店舗スタッフによる活用も含めた新しい時代の情報訴求を考えることが大切です」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。
季刊『ECzine』定期購読はこちら 記事単体購入プランはこちら 記事読み放題プランはこちら

次のページ
部分最適は離反を招く可能性も 企業全体で顧客と向き合う環境作りを

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.19定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/10624 2022/02/01 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング