SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.19特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」

体験特化型施設、IoT活用で新価値を オルビスが創出するここちよさに寄り添う顧客体験

 多様化するビューティーへの価値観に、「人×テクノロジー」で応える。 ※本記事は、2021年12月24日刊行の『季刊ECzine vol.19』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

 2020年7月にオープンした、オルビス初の体験特化型施設「SKINCARE LOUNGE BY ORBIS」。同店舗は「ものを売る」機能を携えながらも、ブランドコンセプトの「ここちを美しく。」を細部まで一貫して体現。お客様が五感でここちよさを感じながら、自分の肌を知り、そこで得た体験を持ち帰ることができる場所として設計された。1階では最適度に設定された水場で泡立て洗顔体験など、見て、触れて、ここちよさを体感できるほか、ジュースやサラダといった健やかな美しさを引き出すインナーケアを提供。2階にはORBISアプリ会員専用のトリートメントや商品を自由に試せるブース、正しいスキンケアやメイクを学べるワークショップスペースを設けるなど、よりプライベートな体験ができる場としている。同施設やテクノロジー&サイエンスを活用した新規事業、同社が目指す顧客体験について、新規事業開発グループの諸町実希さんに話を聞いた。

オルビス株式会社 新規事業開発グループ 諸町実希さん

ビューティーブランドとして提供価値を再定義

 オルビスの歴史は1987年、カタログ通販から始まっている。ECサイトの開設は1999年、その後直営店を展開。スキンケアを中心に衣食含むさまざまなカテゴリーの商品を販売し、着実に事業を拡大してきた。しかし、2000年代半ばからECプラットフォーマーの台頭をはじめ、化粧品がオンラインで購入できる環境が普及し、成長が鈍化。通販会社としての成功体験から脱却すべく、ドメイン・提供価値の再定義を行った上で、2018年にリブランディングに着手した。

 その際、顧客目線を念頭に置き、通販会社から「スキンケアを中心としたビューティーブランド」へと舵を切った同社は、各社員が自身の持ち場だけでなく、チャネルを横断したひとつのブランド体験を追求できる組織作りを目指した。そして、通販事業と店舗事業の部署の垣根をなくすなど、抜本的な改革を行ったと言う。

「原点に戻り、意見交換や議論を重ねた結果生まれたのが、『ここちを美しく。』というブランドメッセージです。そして、創業時から根づく『肌が本来もつ力を信じて、引き出すこと』を信念に、1人ひとりの多様性や美しさ、可能性を広げる『スマートエイジング』を提供価値に据えました」

 主に年齢や性別、肌の特性などでターゲット分類がされるスキンケア商材だが、本来は人によって肌質やスキンケアに求める要素、価値観なども異なるものである。「1人ひとりの正解をともに模索し導き、お客様のビューティーに寄り添うパートナーとして、ここちよく楽しんでいただける商品・サービスを提供したい」と諸町さんは説明する。

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
テクノロジーと共創で多彩なアプローチを加速

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.19特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/10612 2022/01/20 10:03

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング