SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Shopifyで実現するグロースハック

Shopifyでファーストパーティデータを収集 ロイヤルカスタマーを増やすデータ活用術とは

 ビジネスを立ち上げたばかりの事業者から大規模ビジネスを行う事業者まで、さまざまなフェーズで活用できるShopify。当連載では、「これからECビジネスを始める」「Shopifyを活用してビジネスを成長させたい」と考える方向けに、StoreHeroの黒瀬さんがおすすめのShopifyアプリや運用ノウハウを紹介します。今回のテーマは、ShopifyでCRMを行う際の考えかたと「データ基盤構築」についてです。

「グロース=ロイヤルカスタマーを増やす」 定義づけから着手を

 前回の記事では、「Shopify×CRMの基本」について解説しました。今回は実際にShopifyを活用してCRMを行う際に必要なデータ活用の考えかたと、データ基盤構築の方法をお伝えします。

 まずは、データ活用を進める際に必要な「グロース」の考えかたについてご説明しましょう。StoreHeroでは、「グロース=ロイヤルカスタマーを増やすこと」ととらえています。ロイヤルカスタマーの定義は、たくさんの商品(数量)を買ってくれる人、購入金額が高い人、購入頻度が高い人、注力商品を購入してくれる人など、企業・ブランドによってもさまざまです。自社で定義したロイヤルカスタマーの人数をひとりでも多く増やし、ビジネスを成長させる。これこそが、グロースの考えかたと言えます。

 つまり、「売上を増やしたい」「ビジネスを成長させたい」と目標を掲げるのであれば、同時に「自社が考えるロイヤルカスタマーとは何なのか」という定義づけが必須です。「現時点で何人ロイヤルカスタマーがいるのか」「ロイヤルカスタマーになりそうな顧客はどの程度いるのか」を理解していない状態で突き進んでも、顧客にヒットする施策を行うことはできません。データ活用を始める場合は、必ず足元を固めるところから始めましょう。

 その上で、ロイヤルカスタマーを見極めるために必要な情報が何かを洗い出していきます。商材により多少の変化はありますが、主な項目は次のとおりです。

  • 顧客の流入チャネル
  • どんな商品を見ているか
  • 最終的に何の商品を購入しているか
  • 性別
  • 年齢
  • 居住地
  • 家族構成

 こうした情報を収集できる環境を作り上げれば、顧客に対する解像度を上げ、反応をリアルに感じ取ることができるようになります。

 すでに「自社のロイヤルカスタマーはこのような人だ」と想定していた場合も、実データをもって見返すとズレがあったというケースは多々存在します。たとえば「ロイヤルカスタマーは1,000人いる」と思っていても実際は100人程度であったり、「購入が多い40代女性がロイヤルカスタマーだ」と思っていても、実際に購入単価が高いのは30代女性だったりといったことは、往々にして起こり得ます。年間購入金額が10万円以上の顧客でも、すべて自分用に購入しているのか、ギフト用に購入しているかによってお薦めする商品は異なるはずです。こうした乖離がある状態で施策展開をしても、思うような結果を出すことは難しいでしょう。

 「データ活用」という言葉を聞くと、つい「AI活用」「機械学習」といった最先端の技術を想像してしまいがちですが、まだ多くの企業・ブランドでは人間の力で定義づけをし、現状を把握するフェーズであると言えます。Shopify活用を進める際には、その点を踏まえて環境構築に取り組んでいただければと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ファーストパーティデータが今後のビジネスの明暗を分ける

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Shopifyで実現するグロースハック連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9523 2021/09/06 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング