記事種別

Shopifyで売上を増やすCRM施策に着手 環境整備とメール種別の作成ポイントを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 ビジネスを立ち上げたばかりの事業者から大規模ビジネスを行う事業者まで、さまざまなフェーズで活用できるShopify。当連載では、「これからECビジネスを始める」「Shopifyを活用してビジネスを成長させたい」と考える方向けに、StoreHeroの黒瀬さんがおすすめのShopifyアプリや運用ノウハウを紹介します。今回のテーマは、「Shopify×CRMの基本」についてです。

顧客と仲良くなろう CRMで売上の半分を生むことも夢ではない

 今回は、実際にShopifyで自社ECを開設した後に行わなくてはならない「CRM」についてご紹介します。Shopifyで自社ECを構築するメリットは、なんといっても「顧客データをふんだんに収集できる」点にあります。これは、ECモールの出店だけではかなわないことです。

 しかし、ECモールはモール内にすでに顧客が多数いるため、モール内施策を打ち、新規顧客を獲得し続ければある程度売上を伸ばし続けることが可能です。ところが、自社ECは広いインターネットの世界で自ら集客を行わなくてはなりません。闇雲に広告を打っても成果は出ないため、SNSなどを活用して情報発信を行い、集めたデータから顧客を知り、出会った顧客に継続的に来店・購入してもらう仕組みを作ることが必要です。顧客の心を掴み、関係を深めながらリピートを増やす。こうしたポイントを踏まえてグロースに取り組みましょう。

 関係を深めるためには顧客との距離を縮め、仲良くなることも欠かせません。実際にStoreHeroが携わる案件の中には、売上の半分以上をメールなどのCRM施策で生み出している企業も存在するほどです。きちんとCRMを回せば、このような成果を上げることも夢ではありません。

 では、ShopifyでCRMを実現するには具体的にどのようなShopifyアプリを活用すると良いのでしょうか。代表的なアプリとしては、連載の第1回でもご紹介したように「Klaviyo: Email Marketing & SMS」や「Omnisend Email Marketing & SMS」などが存在します。これらは配信数が少ないビジネスの初期段階では、無料で活用することができます。メルマガやニュースレターを作成するのみならず、ステップごとに自動メールを送信するMA機能、CRM施策実施時のトリガーもShopify標準項目以外に独自で追加可能です。そのため、たとえばShopify上でアンケートをとり、回答内容に応じた自動メールを送付するといった独自施策も無料から始めることができます。この点は、大きな魅力と言えるでしょう。

 また、ほかのShopifyアプリと連携できる点も魅力です。レビューアプリを入れている場合は、レビュー投稿した人に向けてお礼の自動メールを送付するといった施策を行うケースが多いですが、アプリ内の既存機能よりも見せかたや訴求方法を工夫したメール送信が可能となります。アプリとアプリをかけ合わせてより相乗効果を高めることができる点も、ShopifyでCRMを行う特徴のひとつです。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:Shopifyで実現するグロースハック

2017年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5