SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2021 Summer レポート(PR)

あるアパレルEC企業がF2転換率を1.7倍にした秘密 b→dashによるデータマーケティング成功事例

 あらゆる業界で、DX推進に注目が集まる昨今。大量の顧客データを保有するEC事業者にとっても、データに基づいた顧客理解や購買体験の最適化は今後ますます重要視されるテーマだと言える。2021年6月9日に開催された「ECzine Day 2021 Summer」にて、データマーケティングプラットフォーム「b→dash」を提供する株式会社データX Customer Success UnitのManager 大薮悟志氏が登壇。アパレルECにおいてデータマーケティングを成功させるための分析と施策実施のポイントについて紹介した。

データ取り込みから活用までを広くカバー b→dashの特徴とは

株式会社データX Customer Success Unit Manager 大薮悟志氏
(画像右下)株式会社データX Customer Success Unit Manager 大薮悟志氏

 データドリブンなEC運営実現に向け、近年顧客データをまとめる「CDP(Customer Data Platform)」や、パーソナライズされた顧客体験を提供する「MA(Marketing Automation)」により注目が集まっている。その中でも「b→dash」は、「データの取り込み」から「活用」まですべての領域をカバーするデータマーケティングクラウドシステムだ。大薮氏は「プロダクトのコンセプトは、ノーコードとAll in Oneです」と語る。

 いかなる企業であっても、データを活用した施策に着手する前に、必ず経るべきプロセスがある。それは、自社内に蓄積されたデータを「取り込んで」「加工・統合」し、「抽出する」というものだ。b→dashはこうした流れをサポートすることで支持を獲得し、2021年6月時点で500社以上の企業に導入されている。

 b→dashの特筆すべきポイントは、SQLを使わずにノーコードでデータの「取込/加工/統合/抽出」ができる点だ。さらに、MA、CDP、BI(Business Intelligence)、ウェブ接客など、データを「活用」するために必要な機能を網羅し、データドリブンなEC運営を実現できる点も大きな特徴と言える。

あらゆる企業がぶつかる「データの準備」という壁

 ここからは2018年にb→dashを導入し、F2転換率1.7倍を実現したあるアパレル企業A社の成功事例が紹介された。まず大薮氏は、A社の事業概要や施策実施前の総会員数、平均購入単価などを解説。

「A社は、マーケティング戦略の重要KPIとしてLTV改善を設定していたものの、目標達成に至る道筋の中でF2転換率の向上が課題となっていました」(大薮氏)

アパレル企業A社事業概要

 当セッションで紹介するF2転換率の定義は、「初回購入を行った顧客のうち、6ヵ月以内に2回めの購入に至った顧客の割合」である。大薮氏は「業界平均が34%程度と言われる中で、A社はそれを下回る27%程度に留まっていた」と解説した上で、A社が試みた数値改善のための新施策をふたつ紹介した。ひとつは、初回購入からの経過日数に基づき、顧客に対して商品レコメンドを提案する施策、もうひとつは初回購入商品のカテゴリー・ブランドに基づき、2回めに購入しやすい商品をレコメンドする施策だ。

 しかし、これらを実施する過程で、A社は「データの準備」という壁にぶつかってしまう。施策を実施するためのデータとして、「顧客ID」「氏名」「性別」「メールアドレス」に加え、「初回購入日付」「初回購入からの経過日数」「購入商品情報」が必要であったが、「中には、社内システムで直接的に保持していない値も存在する状況だった」と大薮氏は語る。

 必要とする情報をすべて網羅するには、既存のデータを統合・加工し、これまでの社内システムには存在しない値を新たに作成しなければ前へ進むことが難しい。たとえば、「顧客ごとの初回購入からの経過日数」を割り出すには

  • 受注データから初回購入日付を特定し、経過日数を算出する
  • 上記を既存の顧客データと統合する
 といった作業が必要になる。

 

アパレル企業A社の社内システムデータ概要

次のページ
時間もコストもかかるデータ整備 SQL活用のハードルを越えるb→dash

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzine Day 2021 Summer レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

景山 真理(カゲヤマ マリ)

フリーランスのライター。EC店舗、タウン情報誌制作会社、マーケティング支援企業などへの勤務経験を経て、ウェブメディアや雑誌をはじめとする紙媒体のライティングの仕事をしています。専門領域はデジタルマーケティング、コンテンツマーケティング、ECのセールスメルマガ、仕事・働きかた、デジタルトランスフォーメーションです。 ウェブ●Mari Kageyama Writing Works

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9287 2021/06/25 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング