SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

「明太子のふくや」ECで決済完了率3.6倍 おもてなしを自動化 AI接客「SELF LINK」

時代に合わせて進化する顧客コミュニケーションのメインチャネルに

 コロナ禍で、売上アップをはじめ会社への貢献度を増すことを求められるEC。2021年度、ふくやのECではどのようなことに取り組んでいくのだろうか。

 「ふくやは、社会貢献のために創業した会社です。利益を産み続けて地域に貢献し、お客様、取引先様と三方良しの関係を作っていくことを目指しています。その企業理念を、EC上でも実現できればと考えています。

 今後ECは、お客様とのコミュニケーションのメインチャネルになっていくでしょうし、なっていかなくてはいけないと考えています。必要とされるECにならなければ生き残れないでしょう。私たちが子どもの頃と比較すると、コミュニケーションの仕方が大きく変わってきました。

 そのようなトレンドに合わせてコミュニケーションの手段を選択することができ、ふくやの特徴が出ることによって他社との差別化ができること。それが、コミュニケーションのメインチャネルとして、必要とされるECの条件であると考えています。そのためにも、今後AI接客が、ふくやのリアルな接客に近しいものになっていけばと考えています」(ふくや・大野さん)

 SELF LINKもツールとして、今後ますます進化していく予定だ。

「SELF LINKは、ユーザーとの結びつきを強め、ウェブ上でお客様が自分がお得意様である、と思っていただけるような仕組みを強化していきたいと考えています。直近でリリースした新機能としては、FAQのような困りごと・悩みごとにかかわる質問をいただいた際に、単なる一問一答的な解決でなく、いかに提案につなげるかの視点で構築しています。カスタマーセンターと営業の垣根をなくし、『そのようなお悩みでしたら、こちらの商品で解決できますよ』といった提案ができるようにしていきたい。より手厚い、シームレスな接客を強化してまいります」(SELF・中路さん)

 「接客ツールもさまざまなものがありますが、作業的なところはツールで自動化すれば良いですし、接客のノウハウなどもツールに反映して、人によって差が出ないようにするべきです。社内でもシナリオは作ることができますし、PDCAを回していくことも可能でしょうが、実際にやってみると本当にたいへんで、商品が増えたらその分時間がかかります。でも、社内でやれば0円だと言う考えかたがあったりする。そう言った見えにくいツール運用コストを軽減するため、SELF LINKが機能拡張していきます。本来やるべき、商品企画など『何を売る』の部分に時間を使っていただければと思います」(SELF・山本さん)

【無料DL】AI接客「SELF LINK」をもっと知りたい方に!

システム開発不要で導入可能なAI接客「SELF LINK」。製品資料を無料配布中です。無料ダウンロードは専用ページからお願いします。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9133 2021/06/23 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング