SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

運営堂がゆくEC業界対談

Shopifyの強みって何ですか? Shopifyエバンジェリストの井澤さんに聞いてみた


 運営堂の森野さんが日々の情報収集で気になったことをインタビューする連載、今回は急成長するShopifyの強みについて、コマースメディア 代表取締役/Shopifyエバンジェリストの井澤さんに話を聞きました。利便性の高さに注目が集まりますが、日本の商習慣との相性は良いのでしょうか。率直な疑問をぶつけてみました。

短時間で大量注文が入っても落ちない強靭なサーバーを持つShopify

コマースメディア株式会社 代表取締役/Shopifyエバンジェリスト 井澤孝宏さん

森野(運営堂) 今日は、ここ数年で急速に注目を集めているShopifyについてお聞きしたいと思います。まずは、Shopifyの強みについて教えてください。

井澤(コマースメディア) Shopifyの強みのひとつは、SEO設定の容易さです。これは私がShopifyを積極的に採用するきっかけにも大きく影響しています。トップページはもちろん、カテゴリーページ、商品ページというECサイトで最も重要な項目の設定画面で、ページタイトルやディスクリプションが個別に設定できるのです。WordPressで言うところの「All in One SEO Pack」の機能が入っているイメージですね。ECサイト運営でネックとなる重複ページのSEO対策についても、自動でcanonicalタグが設定されます。

 過去に利用していたシステムでは、canonicalタグを設定するために、多額の費用をかけてカスタマイズしていました。ですから、Shopifyにこの機能が搭載されていることを知った際に「よくわかっているな」と思い、使い始めるようになったのです。

森野 これはプラグインではなく、デフォルトの機能でしょうか?

井澤 デフォルトの機能なのでご安心ください。SEOに対する知識がある人にとっては、ものすごく便利な機能だと思います。

森野 ほっとしました。プラグインだとシステム変更の際に動作せず、おかしなタイトルのままクロールされて順位が下がる……といったことが起こり得るので聞いてしまいました。

井澤 ShopifyのSEO対策については、もうひとつ良い点があります。これはテーマにもよりますが、最初から構造化データが入っているものも多くあります。わざわざ追加しなくても、商品情報などがGoogle Search Consoleでチェックできます。

森野 それは便利ですね!1つひとつ入力するのも面倒ですし、システム化したところで仕様変更があれば修正しなくてはなりません。これは、前出したcanonicalと同様、かなりのコスト削減につながりますね。SEO面での便利さ以外には、どのような強みがあるのでしょうか?

井澤 ふたつめは、サーバースペックの高さです。これはShopifyの圧倒的な強みと言えますし、前職での失敗体験を踏まえ、私がShopifyを選んだ理由にも影響しています。

森野 その失敗はどんなものでしょうか?差し支えなければ、教えてください。

井澤 DBがパンクして無制限に注文を受けてしまい、1分間で数千万円の売上を記録したものの在庫はない……といった「やってしまった」体験ですね。

森野 それは聞いただけで胃が痛いです。そこまでの規模だと、もはや手の施しようがありませんが、Shopifyではそのあたりは大丈夫なのでしょうか?

井澤 カイリー・ジェンナーという海外モデルはご存知でしょうか? Instagramのフォロワー数が1.8億人(2020年7月時点)に上り、自身のコスメブランド「KYLIE COSMETICS」の商品をShopifyで販売しているのですが、Instagramで時折フラッシュセールをするんですよ。その際に短時間で大量の注文が入っても、サーバーが落ちなかったそうです。当社のクライアントで、1日に1億円程度の売上を記録するキャンペーンを行った際もサーバーは落ちませんでした。日本国内で自社ECサイトを運営するのであれば、サーバーが落ちることはほぼないと言って良いと思います。

森野 ほぼ落ちることがないサーバーというのは運営者にとってはとても心強いですね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
年商0円から億単位のビジネスまで対応 Shopify Plusならスクラッチに近い開発も 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
運営堂がゆくEC業界対談連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森野 誠之(モリノ セイジ)

運営堂代表。Web制作の営業など数社を経て2006年に独立後、名古屋を中心に地方のWeb運用を支援する業務に取り組む。現在はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析を活用したサイト・広告改善支援を中心にWeb制作会社と提携し、分析から制作まで一貫してのサービスも開始。豊富な社会・業務経験と、独立系コンサ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/8130 2021/08/04 08:26

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング