SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Spring

2022年3月17日(木)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年冬号(vol.19)
特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2020 Spring レポート(PR)

エクスペディア‎の事例に学ぶリテールAIの最前線 アメリカのユニコーン企業が明かす売上最大化の秘訣

アメリカ・エクスペディア社、ドイツ・ザランド社によるAI・機械学習の事例を紹介

 続いて、顧客事例としてアメリカ・エクスペディア社のホテル予約サイト「Hotels.com」での取り組みが紹介された。同社は、41言語で90のウェブサイトを運営、年間売上はグループ全体で12億ドルを記録。取扱ホテル数は32万5,000軒を超え、アプリのダウンロード数は全世界で7,000万以上に上る。

 同社は、Databricksを用いてデータ処理量を20倍に増やし、低品質や重複したデータの排除だけでなく、ユーザーが興味のあるコンテンツをパーソナライズして提供することで、CVRを大幅に改善している。

 Hotels.comでは、32万以上のホテルがそれぞれ画像を投稿し、ユーザーに向けて魅力訴求を行うが、中には低品質な画像や魅力訴求に乏しいもの、重複した画像なども存在していた。また、表示される画像の順番がユーザー訴求に適していない場合もあり、同社はDatabricks上で画像分析による表示の最適化を行ったと言う。

 柿崎氏は、続けて具体的な取組内容を紹介した。まずは画像分析を行い、類似画像や低品質な画像は自動的に排除。プールやジムなど施設に関するものだけをまとめるなどの最適化を行った。また、大量のデータからユーザーのプロファイルを作成し、たとえば「ベッドにこだわりがある」と分析された場合には、ベッドの写真をしっかり見せるなど、ユーザー訴求に最適と思われるものを優先表示させるようにした。さらに、興味を持って検索している宿泊先のロケーションを地図上で把握し、レコメンデーションも実施。結果、同社がコンバージョンの指標としている予約率が飛躍的に高まったと言う。

 加えて、もうひとつの事例として、ドイツの大手ファッションEC「Zalando」が紹介された。ザランド社もDatabricksを統合データ分析プラットフォームとして導入し、リアルタイム顧客マーケティングを実現している。

 同社は、2008年に創業。ヨーロッパを中心に18ヵ国で展開し、年間売上は4.5億ユーロを記録している。取扱商品は2,000ブランド40万種に上り、サイロ化された組織内で商品・顧客情報が分散、データサイエンティストごとに独自の分析アルゴリズムやツールが使用されているなどの課題を抱えていた。

 そこで、同社はDatabricksを用いて社内のデータを収集。セキュアな環境に統合したうえで、データサイエンティストが自由に高速に分析できる環境を構築した。その結果、ユーザーのウェブサイトの行動を把握・分析し、リアルタイムなレコメンデーションを行えるようになった。従来よりパーソナライゼーションは行われていたが、改善により属性分析だけでなく、オンタイムでよりユーザーの気分に寄り添ったレコメンデーションが可能になった。これにより、バスケットサイズ(カート内の商品金額)が40%も向上したと言う。

次のページ
データ分析はビジネス課題の解決に結びつけてこそ価値がある

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzine Day 2020 Spring レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/7588 2020/03/31 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年3月17日(木)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング