記事種別

事例第1号!約1ヵ月で「理想のお店」を構築した新バージョン「EC-CUBE 4」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/11/28 11:00

WordPressとの連携で、ブランドの世界観を崩さないECに

――3系のリリース時には、オムニチャネルや越境ECが大ブームだったこともあり「すべてがECにつながる時代」というコンセプトを掲げたわけですよね。今回のYOSEIDOさんの事例は、ECの機能性の高さよりも、ブランドサイトとしての役割を強く感じます。これは、従来EC-CUBEが得意とするスタイルであり、大元のコンセプトである「ECサイトに色を」に合致しているなと思いました。

村吉(サンデイシステムズ) サイトの構成として、MONOKROMさんが担当されたブランドサイトの部分は、WordPressで構成されています。ブランドサイトを更新、運用していくという意味では、使い慣れているWordPressなどのCMSを利用するほうが適していると考えています。今回 MONOKROMさんのご協力もあって、WordPressとEC-CUBEの連携をスムーズに行うことができました。この連携により、サイトとしての表現力の幅が非常に広がったのではないでしょうか。

梶原(EC-CUBE) EC-CUBEの良さは、デザインにしろ、売りかたにしろ、自由にできる点です。その特徴から、ブランドサイトのような、ブランディングを重視される多くの店舗・メーカー様にご利用いただいています。今回のように、ブランドサイトがもともとあって、そこにECの機能だけをつけたいという要望もありますね。EC-CUBEとしては、ブランドサイトとして必要な機能も備えているのですが、自由に他サービスとつなげていただけることも重要な要素だと思っていて、CMSサービスはじめさまざまなサービスと連携しながらやっていけるよう環境を整えています。一方で、さまざまなサービスと連携するほど、プロジェクトにかかわる人は多くなります。よりコラボレーションがしやすい仕組みやパートナーネットワーク等、より良い環境を整えていきたいと考えています。

伊藤(MONOKROM) 僕らはEC-CUBEの知見が少なく、また、スケジュールも非常にタイトでした。村吉さんのようなEC-CUBEを得意とするパートナーさんのサポートがなければ実現しなかったのかなと感じています。

平林(MONOKROM) 当社でも、過去にいくつかECサイトを構築してきました。デザイナーがブランド感やUXを意識してデザインした結果、裏側のECシステムの制限でそれが実現できないということも経験してきました。「ここにこのボタンは置けません」とかですね。今回は、そういったことがまったくなく、デザイナーが意図したデザインどおりにECサイトを作ることができました。先ほど、梶原さんから管理画面の話がありましたが、裏側もデザイナー視点でも非常に使いやすいものでした。

村吉(サンデイシステムズ) 見た目上のデザインだけでなく、UI/UXの視点でも改善がしやすくなっています。そもそものテンプレートが良いものになっていますし、そこからさらにカスタマイズも加えやすくなっています。ユーザー体験の向上も実現しやすい仕組みになっていますね。

梶原(EC-CUBE) 現在、2系・3系、そして4系が出てきたわけですが、今から使うならどれが良いかといわれると、2系・3系のご利用経験がある方々を含めた、さまざまな方々にヒアリングしてできた結果が4系ですので、やはり4系をおすすめします。とはいえ、3系はまだリリースして3年ですし、2系は提供期間が長いことから、制作会社様も豊富な知見をお持ちで、使いたいというご要望もまだまだありますので、すべてのバージョンともサポートを継続していく予定です。どれをお使いいただいても安心して使っていただけると思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

2017年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5